節約

【購入レビュー】『Anker PowerCore Fusion 5000 』1台2役の便利さ

アンカー5000,画像
アンカー5000,画像

(付属品)本体、取扱説明書、USBケーブル(黒)、トラベルポーチ

画像は『Anker PowerCore Fusion 5000』の内容物です。
友人に驚かれるのですが、スマホ充電器をはじめて買いました。

今までモバイルバッテリーを持ち歩く習慣がありませんでしたw

モバイルバッテリーを購入しようとしたキッカケは

・外出先での情報収集が欠かせなくなった

・iPhoneの電池がもたなくなってきた

・旅行で使用したかった
(※体調不良で行けませんでしたが・・・orz)

商品に求める条件

・3000円以内と安価
・初心者なので失敗したくない
・今後も旅行先で使える仕様(できれば荷物も減ると嬉しい)

【結論】『Anker PowerCore Fusion 5000』はコスパ抜群

モバイルバッテリーの比較対象はありませんが『Anker PowerCore Fusion 5000』で正解でした。

というのも自分のような初心者は機能の違いすらわかりませんw

シンプルにコンセントから充電できて格安なのでGoodです。

 

もちろんAnker公式オンラインストアからも購入可能です。

目安の充電可能回数は

iPhoneXS→約1.3回

XPERIA Z2→約1.1回

Galaxy S9→約1.2回

と書いてあります。(充電方式はUSB急速対応です)

ちなみに古いiPhone5sで実験してみたところ、2回のフル充電が可能でした。

※付属の黒いコードだけではiPhoneの充電はできません
(挿し口の形状がiPhone用と異なっていました)

画像『AnKer5000』機種の挿し口の形状

『Anker PowerCore Fusion 5000』の横には
USBの挿し口が2個+マイクロUSBの挿し口が1個があります。
(下記画像をご参照ください)

 

イチバンの決め手はAnker PowerCore Fusion 5000の特徴【1台2役の機能性】です。

モバイルバッテリーの利用OK

AC充電器の機能も併用

つまり自宅のコンセントに挿すだけで充電可能です。

(USB充電だと面倒ですしAC電源対応は助かります)

いざとなれば、外出先でもコンセントを利用できますのでw

【1台2役】Anker PowerCore Fusion(モバイルバッテリー+充電器)

『anker powercore fusion 5000』はモバイルバッテリーと充電器の1台2役が可能です。
Amazonで検索していると

数多くのモバイルバッテリーが画面にでてきました。

機械オンチにはわかりませんw

機能を比較するほどこだわりが無いので

次の3点に絞って検索をかけました。

Amazon内の口コミが★4つ以上

3000円程度でおさまる価格帯

電池(単三など)を必要としないタイプ

 

製造はAnker(アンカー)社と記載されています。

Anker(アンカー)社はグーグルのエンジニアが2011年に立ち上げた企業です。

より詳細を知りたい方はAnker公式オンラインストア

【正規品】初期不良も対応してくれるAnker企業に共感

もし『Anker PowerCore Fusion 5000』が初期不良の場合、

正規販売店での購入に限り、初期不良に対応してくれるのも魅力的でした。

正規販売店については

  弊社のオンライン直販店は以下の通りとなります。

– AnkerDirect(Amazon店)
– アンカー・ダイレクト楽天市場店(楽天市場店)
– AnkerDirect(Yahoo!ショッピング店)

(引用:Anker公式オンラインストアより)

 

つまり個人店舗や中古品の購入は保証対象外です。

ネット通販あるあるですが、
販売店の名称はしっかり確認しましょう。
(※似せた名前で個人販売の場合もありますので)

 

スポンサーリンク

【使用した感想】モバイルバッテリーも充電器もOK

モバイルバッテリーがバックの中にある安心感を

今ひしひしと感じています。

購入金額は約3000円ほどでした。

もし3000円の出費で悩まれているのでしたら格安SIMにするのもアリです。

自分はLINEモバイルですが、ドコモ時代と比較して通信費が月5000円ほど節約できています。

【通信費の節約5000円】ひとり暮らしでLINEモバイル利用中(回線そのまま)いまだにiPhone5sを愛用している、あとうです。 LINEモバイルに切り替えたときの状況は下記です。 約10年間...

 

 

Fusion 5000の使用方法も簡単で充電器に挿すだけですw

充電される順番をかんたんに整理しておきます。

コンセントに挿しながらスマホを充電した場合

①スマホの充電が優先されます

(スマホの充電が完了すると)

②『Anker PowerCore Fusion 5000』の本体が充電されます

 

褒めてばかりだと嘘くさくなりますので、気になる点もあげておきます。

【気になる点①】iPhoneモバイルバッテリーとして本体が重い

Anker PowerCore Fusion 5000 』の本体の重さは191gと記載があります。

二つの機能をそなえているので、しょうがない部分かもしれません。

ちなみに大きさはクレジットカードのサイズ感です。

 

【気になる点②】充電器の青ランプの点滅が消えない

Anker PowerCore Fusion 5000 』をコンセントに挿して充電します。
(↑画像はカラの状態から充電しはじめた段階です)

側面には青いランプがあり以下のように進んでいきます

→●

→●●

→●●●(充電満タン)

ランプが3つになると満タンサインです。

サインは目視でわかるのですが、

いつ満タンになったのか?タイミングがわかりにくいですw

青いランプは消えませんでした。

 

【気になる点③】付属品はトラベルポーチの生地が薄い

アンカー5000,袋

 

充電器のポーチ(袋)はついていました。

画像をご覧いただきたいのですが、

袋はメッシュ構造になっています。
(中に白い紙(説明書)を入れてみました)

本体を頑丈に守りたい方は百円ショップなどで、

別のトラベルポーチを購入したほうがよいかもしれません。

 

もしモバイルバッテリーで迷ったら『Anker PowerCore Fusion 5000』検討してみてはいかがでしょうか?
最後までお読みいただきありがとうございました~