本嫌い‼︎でも読書感想文を書かなきゃいけない時のオススメ本9選

本画像

文字を目で追うだけで眠くなる

本を読む時間があるならゲームをしたい

とにかくページ数のうす~い本が良い‼︎

 

一冊でも読む機会が増える事を願いつつ
今回は9冊ピックアップしました。

 

小説が主ですが新書や日記に近い本もありますので、
少しでも参考になればうれしいです。

【小説部門】

 

①『蹴りたい背中』綿矢りさ(河出書房新社)p192

オススメ度:★★★★ 読みやすさ:★★★★

 

(内容)

高校に入ったばかりの“にな川”と“ハツ”はクラスの余り者同士。臆病ゆえに孤独な2人の関係のゆくえは……。

世代を超えて多くの読者の共感をよんだ第130回芥川賞受賞作。(引用:河出書房新社HP)

 

最近の本という指定がなければ、ぜひ一読を。
大人になってから読んでも遅くはありませんが、
著者の年齢(当時19歳)と考えると、
学生のうちに読んでおいたほうが染みる一冊。

 

 

 

・当時史上最年少(19歳)での芥川賞受賞作(第130回:平成15年度)

・有名な小説なので読書感想文の題材として文句は言われない

・学生の話なので、だれでも予備知識なく読める

・きれいな文章なので読みやすい

・ページが少ないので飽きない

 

 

 

②『星の王子さま』サン=テグジュペリ/著 、河野万里子/訳(新潮文庫)p160

オススメ度:★★★★ 読みやすさ:★★★★★

 

(内容)砂漠に飛行機で不時着した「僕」が出会った男の子。それは、小さな小さな自分の星を後にして、いくつもの星をめぐってから七番目の星・地球にたどり着いた王子さまだった……。(引用:新潮社HP)

 

有名なので掲載するのも恥ずかしいぐらいですがw
外国文学のなかでも断然読みやすいです。

 

・外国文学に触れたい方向き

・短い物語のなかでも、ハッとさせられる言葉が濃縮されている

・もちろんページが少ない

 

 

③『スイッチを押すとき』山田悠介(角川文庫)p384

オススメ度:★★ 読みやすさ:★★★★★

 

(内容)自らの命を絶つ【スイッチ】を渡され、施設に閉じ込められている子供たち。監視員の南洋平は、四人の”7年間もスイッチを押さない子”たちに出会う。彼らと共に施設を脱走した先には非情な罠が待っていて。(引用:(株)KADOKAWA HP)

 

中学生や高校生に人気の作家です。
『リアル鬼ごっこ』などは映画化されました。
読書好き界隈では二重表現(例:頭痛で頭が痛い、など)を指摘する声もあります。
ただ読書に慣れていないときは、そこまで気にする必要ないと思います。
あとうも、はじめは二重表現という言葉すら知らなかったのでw

 

 

・アニメやゲーム好きな人は読みやすい設定

・難しい言葉がない

・辞書を引く手間いらず

・風景描写が少ないのでスラスラ読める

・ページ数はしっかりなため、一冊読んだ充実感に浸れる



とにかく読書は勘弁してほしい、という方にも朗報です。
はじめてでも読みやすい、
かつ、映画化もされた小説を簡単にピックアップしました。

 

本当に小説を読んだの? と突っ込まれても大丈夫です。
あとから読んでも間に合うように、ページ数も厳選しました。

 

 

④『陰日向に咲く』劇団ひとり(幻冬舎)p221

オススメ度:★★ 読みやすさ:★★★

 

 

⑤『桐島、部活やめるってよ』朝井リョウ(集英社文庫)p256

オススメ度:★★★ 読みやすさ:★★★

 

 

 

【新書&その他 部門】※小説ではありません

 

⑥『野心のすすめ』林 真理子(講談社現代新書)p121

オススメ度:★★★ 読みやすさ:★★★★

 

・著者に興味がある人向けです

・お金の使い方について書かれた箇所が印象的です。

 

 

 

⑦『適当日記』高田純次(ダイヤモンド社)p278

オススメ度:★ 読みやすさ:★★★★★

 

・文字が少ないのでページ数は気になりません

・ただし、外で読むのには注意してください。適当すぎて笑ってしまいますw

 

 

 

⑧『自分では気づかない、ココロの盲点』池谷裕二(朝日出版社)p132

オススメ度:★★★ 読みやすさ:★★★★★

 

・心理学や脳のクセなどを問題形式でまとめた本です

・心理テストを受けるような軽い気持ちで読めます

 

 

 

⑨『サラダ記念日』俵万智(河出書房新社)p201

オススメ度:★★★★ 読みやすさ:★★★★★

 

・短歌集です

 

 

今回はページ数の少なさで選考しましたが、

読書の楽しさに少しでも気づいてもらえるよう、

また発信していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました