【最新】ホリエモン(堀江貴文)の本がおすすめ(理由は圧倒的な知識量)

おすすめなホリエモンの本

通勤途中にビジネス書ばかり読んでいる、あとうです。

本屋でホリエモンの最新刊をみつけると、ついついタイトルを黙読していますw

賛否両論のネタで常に話題な人物ですが、本の内容は純粋に好きです。

理由は『豊富な知識量』が詰め込まれていると感じるので。

個人書評なので流し読みしてください。

お忙しいかたは目次のタイトルからジャンプできますm(__)m

  • あらすじはひと言サイズ(メモ欄)にまとめています。
  • 本のサイズは単行本から文庫本まで(電子書籍含む)
  • 星(★)の多さで個人レビュー(1点~5点満点)
  • 読みやすさ:専門知識なくても読める度合いを個人評価しています

ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法

読みやすさ★★★★★(5)
出版年2019年
電子書籍版あり
  • 貨幣経済の時代からソーシャル時代へ「影響力」と「信用」について語った1冊

人々がつながるソーシャル時代ではフォロワー数が物を言い、お金は「信用」があればクラウドファンディングなどでいくらでも集められるようになったと、ホリエモンは言い続けています。(本書以外でもたびたびw)

SNSの数字に左右される昨今、貨幣そのものが価値を持たなくなるのでしょうか?

正解は何年後になるのか楽しみです。

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

読みやすさ★★★★(4)
出版年2019年
電子書籍版あり
  • お金の使う意義を真正面から説いた1冊

目標がないまま、お金を貯める方を批判している本ですw

貯蓄して家を買いたいとか目標を立てている方には、こめかみが反応する内容かもしれないので目次を読んでから購入を検討しても遅くありませんw

豊かさの基準を、貯金額に求めるのか?経験に求めるのか?

あらためて考えるキッカケになった本です。

スポンサーリンク

ウシジマくんVSホリエモン カネに洗脳されるな!

読みやすさ★★(2)
出版年2019年(※注意)
電子書籍版あり
  • ウシジマくんの人物やエピソードを絡めて人生指南する1冊
『ウシジマくんvsホリエモン 人生はカネじゃない!』の文庫版です

漫画のウシジマくんを読んだことのある人なら楽しく読めると思います。

内容はウシジマくんを絡めたホリエモンのカネにまつわる解説があり、一気に読めます。

ただし、以下の人には少々物足りないかもしれません。

  1. 金融知識ある人
  2. ウシジマくんを読んだことない人

ウシジマくんの漫画を無料で読みたい方は小学館の公式漫画アプリ【マンガワン】がベストです。

  • 小学館の公式な漫画アプリ
  • 無料で1日8話分読める

読み方の詳細については別記事で過去にまとめてあります。

スポンサーリンク

疑う力 「常識」の99%はウソである

読みやすさ★★★★(4)
出版年2019年
電子書籍版あり
  • 常識を疑う力とウソを見破る力を提言した1冊

33の常識を例にあげています。

ホリエモン独自の視点で既存の常識に疑問をぶつけ、ぶった切る内容は痛快です。

実際にホリエモンが日常でつぶやいたTwitterネタも取り扱ってました。

「席、倒していいですか?」という非効率マナーは「自己中」人間のリスクヘッジにすぎない。

ネットでプチ炎上して、『サンジャポ』の番組でも取り上げた話題です。

本書が正解というワケでもないと思いますが、さまざまな視点を持つ大切さを学べます。

情報だけ武器にしろ。: お金や人脈、学歴はいらない! (ポプラ新書)

読みやすさ★★★(3)
出版年2019年
電子書籍版あり
  • 情報が増えすぎた社会で踊らされない生き方を説いた1冊

有料級の情報は今、ネットを介すことで無料で手に入る時代です。

マスコミから発信される情報が、もしかすると嘘という場合もあります。

情報をうのみにする危うさや取捨選別について考えたい人におすすめです。

僕たちはもう働かなくていい(小学館新書)

読みやすさ★★(2)
出版年2019年
電子書籍版あり
  • これからの時代の働き方とAI時代について語る内容

タイトルの「僕たちはもう働かなくていい」は刺激的です。

進化し続ける人工知能の発達(おかげ?)で、私たちの仕事はどんどん奪われています。

そんな時代の中でどうやって生きていくか1つのヒントになる本です。

仕事を奪われていくことは悪いことではなく、AIに働かせることで、今までにはない新たな生き方ができるということに気づかされました。

将来の労働する意味や意義について、ぼんやり見えた気が・・・。

【情報】ホリエモンの本は似た内容が多い

ホリエモンの著書を何冊も読んだことがある人は、気づいていると思います。

過去作とタイトルが似ている本は内容が重複している箇所も散見されますw

したがって、すべて買う必要はなく興味あるテーマの最新刊を読むのがオススメです。

ホリエモンの本は好き嫌いがわかれると思いますが、賛否両論あるのが読書の醍醐味でもあります。

文字ならフラットな視点で判断できるのが良いですねw

多様な意見の中から学んでいくのが良いと思います。

『経済&ビジネス関連本』は他にも書評があります。

読書で多方面の知識をコツコツつけていきましょう~

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m