【株で生活する人の本】『定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活』(書評)

株主優待桐谷名人のブログ画像

クオカードの株主優待が好きな、あとうです。

株主優待に興味をもったきっかけは『桐谷さん(桐谷名人)』です。(ミーハーで恐縮ですw)

私の資産運用
  • メインは投資信託
    →『ひふみプラス』や『楽天全米株式インデックス』
  • クオカードの優待銘柄も保有
    →原田工業など

桐谷名人が有名になったキッカケは、村上信五(関ジャニ∞)とマツコデラックス司会の日本テレビ『月曜から夜ふかし』の特集です。

『株主優待だけで生活する人』として桐谷広人さんの名前が全国に知れ渡りました。

放映されたTV内容
  • 株主優待だけで生活
  • 移動はすべて自転車
  • 桐谷さんの婚活や映画評論など

桐谷さんが出演するのは不定期(半年から1年のスパン)ですが、毎回飽きない優待生活をのぞける楽しさがあります。

今回は桐谷さんの著書である『定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活~50歳から始めてこれだけおトク~』を読んだ感想と簡単な内容をまとめてみます。

お時間がない方は目次からジャンプできますので、お気軽にお読みくださいませm(__)m

  • 優待生活をのぞきたい初心者向きの本
  • 企業コードや権利確定月がまとまった書籍ではない
  • あくまで桐谷名人の個人の考え方がまとまっている本
  • 桐谷さんに興味ない人は流し読みでOK

【内容】桐谷さんが株主優待の魅力を7章にわけて解説

『定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活』は以下の7章の構成にわかれています。

【本の内容】

  1. 『少額でも大きな存在感!株主優待の魅力』
  2. 『株主優待を持つと、人生バラ色』
  3. 『買うならここから!おすすめ銘柄ベスト45』
  4. 『長期保有、買い増しでさらにおトクになる優待銘柄』
  5. 『儲ける人こう使う!3倍トクする優待の使い方』
  6. 『 ネットを使えばらくらくカンタン!株主優待の始め方』
  7. 『これなら失敗しない!桐谷流株主優待12の格言』

成功している桐谷さんだからこそ説得力があります。

しかし、本書の内容をすべて鵜呑みにするのは危険です。

株主優待の内容は企業業績によって変わる場合があります。

  • 業績が良い場合→優待拡充の可能性(レアケース)
  • 業績が悪い場合→廃止や縮小の可能性(コチラの方が多い)

本書の情報をふまえ、さらに自分の目で最新情報を確かめる必要があります。

  • 優待生活を目指す人は必ず投資先の企業HPをチェック
  • 内容は2018年10月時点の情報を扱っている本

【注意喚起】桐谷さんはツイッターをやっていない

Twitter上には『桐谷さんらしき人』もいますが、桐谷さんの公式ツイッターではありません。

桐谷さんは講演会などで「SNSはやってない」と否定しています。

見知らぬ人物が、過去の発言などを掘り起こしているようですのでお間違えなく。

桐谷さんの収入源は株主優待と配当と講演会

桐谷さんの収入源は主に3つです。

  • 株主優待
  • 株の配当
  • 講演会&セミナーなど

証券会社が株主優待の良さをひろめるときに、よくコラボ企画として桐谷名人とタイアップしています。

まとまった収入があるからこそ、けた違いの優待株を保有できているのです。

桐谷名人は【棋士の桐谷広人七段】としての一面もあり

桐谷さんは見た目はのんびりとした紳士ですが、将棋の棋士(七段)という経歴をお持ちの方です。

先を読む力が我々よりあるのは言うまでもありませんが、頭が良い≒投資成績がすばらしいワケではありません。

過去に桐谷さんは1億円ほどの損失を経験しています。

私は以前、デイトレーダーのようなハラハラドキドキの売買をしていて1億円くらいの損失を出したので、今は優待銘柄を買ってのんびり優待生活を楽しんでいます。

(引用元:楽天証券HP公式『トウシル』より)

リーマンショックなど個別株での失敗を契機に、いまの株主優待生活へと切り替え成功しています。

【優待生活】年収が安定しない人には向かない投資術

だれもが桐谷さんのような優待生活を送れるワケではありません。

株主優待を含めた配当利回りを求める投資法にも弱点はあります。

【優待目的のデメリット】

  • 長期で株を保有し続けるリスク
  • 複数銘柄の株を購入するための資金力が必要

つまり、デイトレーダー(すぐに利益を求めたい方)や年収が安定しない方には向かない資産運用術です。

【感想】桐谷さんの実体験の話なので読みやすい

本書は優待券の使用例も書かれているため、もらう消費者側としてもイメージしやすかったです。

とはいえ桐谷さんの推奨銘柄を買うかどうかの話は別です。

株主優待銘柄(≒桐谷銘柄)として有名になると良くも悪くも値動きが激しくなる傾向です。

長期投資するなら安値で保有したいですし、あくまで勉強の一環としての読書に最適です。

より株主優待の企業情報を深掘りしたいときは、『四季報』や『ダイヤモンドZAi』や『日経トレンディ』などのマネー経済誌を読んで、幅広い視点から判断するのが理想です。

マネー雑誌の特集銘柄も投資家たちから注目されていることをお忘れなく。

  • 桐谷さんの優待投資の考えをまとめた本
  • 情報は鵜吞みにしないほうが良い
  • 勉強の一環としての読書がおすすめ

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

【追記】先日クオカードの優待が届いたときの体験談です。