生活

【節約ブログ】キャッシュレス生活を始めて感じたこと(クレカ3枚使いわけ)

クレジッカード3枚使いわけている、あとう(@ato_ganai)です。

現金主義でしたがクレカ中心の生活に切り替えながら投資&節約しています。

キャッシュレス生活の入り口であるクレジットカード複数枚もちメリットデメリットもまとめてあります。

結論からさきに申しますとカードは2枚~3枚が快適です。

  • クレカ3枚までなら使いわけや管理可能です
  • カード利用で貯めたポイントが節約につながります
  • 家賃をクレカ払いにしないなら2枚でも充分です

 

キャッシュレス生活を【家賃&買い物&通販】でふりかえり

実生活をもとに解説します。

個人ブログなので、ご自身の生活の参考になる部分だけでも読んでみてください。

現在、使用しているクレジットカードは3枚です。

【家賃】1枚『エポスカード』でポイント&家賃保証料支払い

家の画像

家賃支払いについては最初からエポスカード1枚だけ活用してます。

というのも、クレジットカードを作成したきっかけが賃貸物件だからです。

ルームID(≒マルイの家賃保証制度)なので、毎月エポスポイントを獲得できます。

現在は家賃だけでエポスポイントが月300(P)たまっていきます。

家賃は生活費のなかでも大きな割合を占めています。

家賃のクレジットカード利用なら買い物しなくてもポイントが貯まっていくので、今後、引っ越しを検討中のかたは選択肢のひとつとしてオススメです。

【ルームIDなら】家賃をクレジットカード経由でエポスポイント獲得家賃をクレジットカード経由で支払っている、あとう(@ato_ganai)です。 ルームID対応の賃貸物件ならマルイのエポスカードで...

 

【買い物(店舗)】3枚中2枚のクレジットカードを使い分け

外での買い物は楽天カードをメインに使っています。

サブ(2枚目)はヤフーカードです。

ポイント還元率は2枚とも基本1%と同じです。

メインカードの選択基準は『いちばん貯めたいポイントの種類』です。

自分の場合はポイント投資もはじめたので『楽天スーパーポイント』をコツコツ貯めています。

【ポイントの種類】

  1. 楽天ポイント(=楽天カード)
  2. Tポイント(=ヤフーカード)
  3. エポスポイント(=エポスカード)

投資は個人の考えなので生活に密着したポイントを貯めていきましょう。

ちなみにエポスカードはポイント還元率だけみると低いです。

  • 還元率は0.5%→ 200円で1ポイント

海外旅行傷害保険やポイントアップ特典の充実するエポスゴールドカードを目指すかの判断が大切です。

(エポスゴールドカード特典例)

『選べるポイントアップショップ』

→よく買い物にいくスーパーなど3つまで選択可能

→エポスカード利用でポイント最大3倍

ショップ例はマルイ公式サイトの『選べるポイントアップショップ』で確認できます。

【例】マルエツで200円分の買い物

→1ポイント+2ポイント(合計3ポイント)

結果、還元率が1.5%にランクアップできます。

カードを複数枚もつまではエポスカードをメインで使用していました。

ゴールドへの無料招待(≒インビテーション)後は、ほぼ家賃払いに絞ってます。

サブのYahoo!カードリアル店舗ではドラックストアのウエルシア(薬局)で使用しています。

ウエルシアの活用事例
  • 買い物でTポイントが貯まる
  • 20日の買いものはTポイント支払いで1.5倍の効果
  • 例:300(p)支払いで450円分の買い物ができます

Tポイントが使えるお得な制度はヤフーカードを使用しています。

 

【ネット通販】3枚中メインは『楽天カード』

【カード名称】(通販サイト)
楽天カード楽天市場、Amazon、ほか
ヤフーカードYahoo!ショッピング、LOHACO(ロハコ)
エポスカードマルイウェブチャネル

基本的にはリアル店舗と同じで『楽天カード』がメインです。

LOHACO通販で日用品を購入するのときは必ずYahoo!カードを使用しています。

理由は買い物に応じてTポイントが付与されるからです。

アウトレット品についてご興味ある方は、関連記事をお時間があるときにどうぞ。

ロハコの日用品が安いおすすめ画像
【LOHACOが安い】おすすめは日用品&アウトレットを通販購入節約情報を発信している、あとう(@ato_ganai)です。 通販といえばAmazonや楽天がパッと思い浮かびますが『LOHACO...

エポスカードは年4回あるマルイの『マルコとマルオの7日間』セール時に使うぐらいです。

クレジットカードを複数枚持つ【メリット】&【デメリット】

1枚でもポイントの恩恵をうけられますが、クレジットカードを使いわけることでさらにポイントの取りこぼしが少なくなります。

複数のクレジットカードが必要かどうかは生活スタイルによって異なりますが3枚までなら現金派(≒過去の自分)でも管理できました。

セキュリティへの過度な不安もそこまで感じなかったです。

ポイントがたまる以外のメリットデメリットをみていきましょう。

【メリット】ブランド名をわけて緊急時の対策が可能

VISA、JCB、 MasterCard (マスターカード)と3社のブランドにわけています。

もし1枚目のクレジットカードが利用できなくても複数枚あればリスク回避につながります。

【カード利用が不可の例】

  • カードの磁気不良
  • カードの紛失
  • 1枚目の利用限度額が超えてしまった・・・など

ブランド会社はカード発行時に無料で選択できます。

 

【メリット】キャッシュレス生活は家計簿管理がラクです

リアル店舗の買い物ではレシート発行されますが、クレジットカード利用の明細は電子化されています。

小銭をだす手間も省けているので買い物時間の節約にもなっています。

明細はインターネットで閲覧できるので、家計簿をつけるときに財布からレシートを探すムダもありません。

自分の例ですが『食費』は楽天カード『家賃』はエポスカードといった具合に支払いをわけています。

 

【エポスカード&ヤフーカード&楽天カード】は生活スタイルで使いわけがベストです節約と資産運用を実践中の、あとう(@ato_ganai)です。 2019年現在クレジットカードを3枚所持しています。 ...

 

【デメリット】カードの支払い間違いが起きる可能性あり

リアル店舗で発生することが多い間違いです。

【支払い間違い例】

  • 『Yahoo!カード』を出したつもりが『エポスカード』で支払ってしまった
  • 1回払いのつもりが分割払いに(※滅多にありません)

 

【失敗しないための対策】

・クレカ作成時にカードの色わけをする

→カードを発行申請するときに気をつけるポイントです。

【対策例】

  • 楽天は銀色
  • ヤフーは黒色
  • エポスカードは赤色、など

キャラクターの絵柄は有料もあるので注意しましょう。

 

【デメリット】3枚だと合計使用金額がわかりにくいかも

クレジットカード1枚ならカード会社の明細をみれば、すぐに使用金額がわかります。

3枚あると各カード会社で明細がわかれるので、合計金額をいっぺんに把握することはできません。

クレジットカードを使いすぎる原因のひとつです。

自己管理の徹底はかかせませんので、サポート対策を事前にしておきましょう。

【対策例】

利用金額をメール通知設定しておくのがおすすめです。※無料です

例:エポスカードが10万円超えるとメール通知がくる設定

やり方は難しくありませんので、はやめに設定しておきましょう。

スポンサーリンク

【感想】クレカ3枚までなら使いわけや管理可能でした

1枚目の『エポスカード』を作成してから『Yahoo!カード』『楽天カード』とかれこれ3枚使用しています。

現金派でしたが自己管理が得意なかたはクレジットカードを複数枚持っても負担は少ないと感じました。

むしろポイントを効率よく貯められるのは、今後の買い物にもつながります。

今回のブログ体験談ですと『家賃』がすこし例外かもしれません。

家賃に興味ない人は、2枚でも全然良いと思います。

クレジットカードは審査があるため申請から発行まで時間がかかります。

個人的には気になるカードを1枚申請してみて、クレジットカードの便利さを体感することが使いわけの近道だとおもいます。

▼カードの詳細内容は下のリンクから確認できます▼

日常生活を時短をしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m