資産運用

【最新結果】eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(ブログで運用報告)

emaxis-slim先進国株式のブログ

楽天証券のポイント投資が好きな、あとう(@ato_ganai)です。

『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の投資信託を8月28日に購入しました。

  • 【投資開始】2019年8月28日から開始
  • 【投資ポイント】1000ポイント
  • 【投資信託】eMAXIS Slim先進国株式インデックス

これで楽天ポイントで購入した投資信託は『全米株式インデックス』に続いて2本目です。

投資信託の状況や感想を個人ブログにまとめていきます。

お忙しい方は目次からジャンプできますので、お気軽にごらんくださいませm(__)m

最新成績は4月4日に更新しました

eMAXIS Slim先進国株式インデックスとは分散投資型

emaxis-slimのポートフォリオ(引用元:三菱UFJ国際投信公式HP

先進国の株式指数へ分散投資をしている投資信託です。

簡単な特徴
  1. 約22か国に分散投資
  2. アメリカが60%以上
  3. 日本は対象外

1本で日本を除く先進国に投資している形です。

『楽天全米株式インデックスファンド』でもポイント投資しているので、どちらに振り分けるかが今後の悩みです。

【信託報酬】0.107892%(安い)

簡単に言えば投資信託の保有コストです。

インデックス型&長期投資は手数料の安さが重要です。

理由はアクティブファンドより値動きが少ないので、場合によっては手数料負けを起こしてしまいます。

  • 投資の利益>信託報酬

【運用結果】eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

【eMAXIS Slim 先進国株式インデックス】のポイント投資の成績は、毎月1回更新しています。

値動きの少ない結果がつまらないと考える人は、投資信託よりも個別株向きですm(__)m

楽天証券では10月28日から個別株のポイント投資も可能になったのでご自身の資産運用プランに応じて使いわけるのが良いです。

以下から【ポイント投資】の当時の感想を残しつつ、1ヶ月ごとに値動きを紹介してますm(__)m

【9月】+2.29%(23円)変化なし

emaxis-slimの10月結果
  • 【評価損益】+2.29%
  • 【リターン】+23円

評価損益は+0.02%上昇しました。

ポイント量が少ないのでリターン金額は+23円と同じです。

【10月】+8.48%(+84円)

emaxis-slim先進国株式インデックス11月の結果画像
  • 【評価損益】+8.48%
  • 【リターン】+84円

評価損益は先月と比較して+6.19%と大きく上昇しました。

少額ポイントなので実感はうすいですが・・・インデックス型は強いですね。

【11月】+13.79%(+138円)

12月のemaxis-slim運用結果
  • 【評価損益】+13.79%
  • 【リターン】+138円

評価損益は先月と比較して+5.31%と連続上昇しました。

10%超えはバブルに近い状態ですが、下落しても今年中はプラスで終わりそうです。

【12月】+17.21%(+172円)

emaxis-slimの2020年1月の推移
  • 【評価損益】+17.21%
  • 【リターン】+172

評価損益は先月と比較して+3.42%と立て続けに上昇してます。

『もう下落するだろう』と多くの人が思う中で・・・株式市場のバブルは続いてます。

  • 機会損失と考えて資産運用を拡大する人
  • 2020年の暴落に備えて現金比率を高める人

後者が多そうですが、良くも悪くもポイント投資なので放置です。

経験値を高めることを優先しますm(__)m

【2020年1月】+17.34%(+173円)

emaxisslim-2020年2月運用報告
  • 【評価損益】+17.34%
  • 【リターン】+173

『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』をはじめて5ヵ月経過しました。

先月より+0.13%とわずかにプラスです。

しかし、直近では悪いニュースが1つあります。

  • 『コロナウイルス』が拡大中

世界経済に悪影響が出始めるのは数ヶ月後です。

1月後半から急速にひろまり、株式市場は今後も神経質な展開がつづきます。

影響規模や期間は不明ですが、資産運用が未定の方はとりあえず【楽天カード】で楽天ポイントを貯めておくスタイルが良いかと。

今できることは、暴落してから始められるように軍資金をコツコツ蓄えておくことでしょうか。

【2月】+5.92%(コロナで大暴落)

emaxis-slimの暴落画像
評価損益+5.92%
リターン+59円
先月対比-11.42%

『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』をはじめて約半年経ちますが、ジェットコースターのような相場ですw

  • 2月から3月にかけて『コロナショック』で大暴落中

インデックス型の投資信託が荒い値動きになっているのは、株式市場の大混乱を反映している証拠です。

  • 投資は危険だから現金を持っていれば良かったと感じるか?
  • 経済の混乱を体験できて勉強になったと感じるか?

意見はわかれるところですが、自分は圧倒的に後者です。

強がっているワケではありませんm(__)m

今後、資産運用を一切しないなら現金が良いとおもいます。

しかし、不況になるほど資産形成に力を入れなければならないのが現実です。

来月も下がるかもしれませんが、現金をつかわずに経済勉強できるメリットは大きいです。

老後になって退職金をつぎこむリスクよりも、今のうちからポイント投資の少額で勉強していく方が役立つと考えていますm(__)m

スポンサーリンク

【3月最新】-11.62%(世界は不況へ?)

emaxisslim-2020年3月運用報告
評価損益-11.62%
リターン-116円
先月対比-17.54%

3月は『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』をはじめて過去最大の下げ幅を記録しました。

  • 世界経済が大減速

「やっぱり現金が強い」という声が大勢を占めていますが、引き続きポイント投資は続けていきます。

ジュース代(含み損)で乱高下の相場を経験できる貴重な機会、とポジティブにとらえています。

資産運用に興味ない人からすれば「何言ってんの?」状態ですがm(__)m

スポンサーリンク

【購入理由】インデックス型で手数料が安い

インデックス型に投資するうえで心掛けた事は3点です。

  1. 手数料
  2. 人気ランキング
  3. ファンドの基準価額

インデックス型は種類が豊富ですが、アクティブファンドのような独自色は薄いので判断基準をシンプルにしました。

  • 投資は自己責任でお願いいたしますm(__)m

【1位】投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018

購入したもう1つの理由は『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018』で1位に輝いたからです。

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベント

(引用元:投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2018公式HP

先輩方の評価を参考にしたほうが得策ですね。

個別株は流行り銘柄にのっかった時点で遅いですが・・・インデックス型の投資信託は、もとから分散されているのでランキング上位から探した方が手っ取り早いと判断しました。

好き嫌いがわかれる手段なので悪しからずm(__)m

【比較対象】ニッセイ外国株式インデックス

購入前に悩んだのが『ニッセイ外国株式インデックス』です。

【簡単な特徴】

  1. インデックス型で純資産が大きい
  2. 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」2位
    →2014年から2016年までは1位

細かい比較を挙げればキリがないのですが、ベテラン(ニッセイ)と勢いのある若手(eMAXIS)のイメージです。

正直好みなのですが、自分は『eMAXIS Slim』の手数料引き下げ姿勢に共感しました。

9月現在の手数料は0.107892%と同じです。(参照元:楽天証券HP)

【ファンド名】手数料
(ファンドの管理費用)
ニッセイ外国株式0.107892%
eMAXIS Slim 先進国株式0.107892%

『eMAXIS Slim』と『ニッセイ』の手数料値下げ合戦は、投資するうえでうれしい競争です。

ポイント投資は現金を使用していないので、インデックスファンドの比較に時間をかけるのはあまり意味ないかなと。

  • 手数料が安い
  • ファンドの総資産額も大きい

この2点に着目して、あまった時間で経済本やビジネス書を読んだほうが良いです。

投資信託の良著『お金は寝かせて増やしなさい』を1冊読むほうが勉強になります。

【本の簡単な内容】

  1. 初心者向けの資産運用本
  2. 個人投資家のインデックス奮闘記
  3. 長期投資の解説がデータ付きでわかりやすい

以前おすすめ本として紹介したので詳細は省きますが、本書を読んで資産運用が怖いと感じる方は無理に投資する必要ないと思います。

【大事】ノーロードファンド(販売手数料無料)から選定

インデックス型を購入するうえで大事なのが、手数料です。

インデックス型は短期ではなく長期投資が王道なので、ノーロードファンド(販売手数料無料)から選ぶのが鉄則です。

【理由】

  • 長期投資では手数料の差が収益に影響大
  • 毎月積み立てる人は手数料負けする可能性アリ
  • アクティブ型よりも変動幅は小さい

街の銀行でもインデックス型の投資信託は購入可能です。

だだし、手数料のかかる場合が多いので避けたほうが無難だとおもいます。

【感想】インデックス投資は会社員におすすめ

会社員として働いていると、日中の株価を追えません。

サボればスマホでポチポチできますが・・・w

その点インデックス型の投資信託は、ほったらかしOKなので楽です。

会社員の給料とブログの副業を両立しつつ、余剰資金は資産運用にまわす。

コツコツ続ければ少しは希望があるのかな?と夢想しつつ、今月の報告を終わります。

当ページでは月1回(月初に)『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の結果を更新していきます。

以上、楽天ポイント投資のブログ報告でした。

以下はポイント投資の準備に必要なモノです。
  1. 楽天カード→楽天ポイントを貯めるためのクレジットカードです。
  2. 楽天証券→楽天証券の口座開設してからポイント投資が開始できます。
  3. 楽天銀行→楽天証券口座への入出金がスムーズになります。

コツコツ節約しながら資産運用にはげんでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m