生活

【自炊は損】食費削減よりも時間の有効活用(単身生活で学んだ事)

自炊は損のブログ画像アイキャッチ

ひとり暮らしの自炊を90%やめた、あとう(@ato_ganai)です。

理由は、個別の食材を買って調理するよりも惣菜のほうが安上がりだからです。

なお外食だけの生活100%では野菜不足が続いたので、現在の食事スタイルはシンプルに落ち着きました。

  • ほぼ調理しない食事(電子レンジをフル活用)
  • カット野菜や宅食サービスの惣菜を活用

一人暮らしをはじめると痛感しますが、単身生活は自炊で割高になる矛盾が生じます。

お忙しい方は目次から気になる箇所に飛べますのでお気軽にお読みください。

先に単身生活で学んだ結論をまとめます。

  • 惣菜は調理時間を考えると買うほうがお得
  • 節約するなら通信費のほうがカンタン
  • 空いた時間は残りの家事や副業にふりわけるのがベスト

今回のブログ内容がお役に立てれば幸いですm(__)m

【結論】自炊は節約しにくい(時間の方が重要)

料理好きでない人は、自炊にこだわる必要はありません。

理由は時間がかかる割に節約効果が薄いからです。

  • 自炊メインの時期
    →食費は月2万円から2万2000円
  • ほぼ自炊やめた現在
    →食費は月2万5000円から2万7000円

自炊で節約につながった金額は約3000円~5000円でした。

5000円の節約はもちろん嬉しいのですが、圧倒的に時間と体力を消耗しました。

通信費を格安SIMにした方が、はるかに簡単でした。

【時間がかかる惣菜】店舗や宅配サービス活用で時短

自炊をやめてからは電子レンジや調理不要な総菜をフル活用しています。

以下は食事スタイルの一例です。

【夕食例】

  • ごはん(電子レンジでチン)
  • カット野菜(2品)
  • メイン惣菜(宅食サービスやチキンパックや缶詰)

【外食で済ます時】

  • ごはん(炊き立て)
  • 野菜多めを選ぶ
  • メイン料理(家では食べないモノから選択)

外食も活用しながら、栄養バランスも考えて野菜も摂取しています。

毎日レトルトごはんでは味気ないので、外食はお米のある定食屋(『大戸屋』や『やよい軒』など)が中心です。

炊き立てごはんを食べられるので、特に不自由もありません。

炊飯器の洗い物はカレー鍋よりも楽なので、冷凍庫が大きい方は自宅でお米炊いて大量に冷凍する節約もアリだと思います。

私は冷凍庫に宅食サービス「NOSH – ナッシュ」のメイン惣菜をストックしている事が多いのでお米の冷凍はほぼ入りませんw

『ナッシュ』の詳細レビューは以前まとめているので結論だけ申しますと、食事づくりが面倒な人にとって良いサービスです。

【自炊vs惣菜】調理時間と金額の比較がベスト

自炊の面倒なメイン料理としては、揚げ物や焼き魚があります。

【面倒な調理】

  • 揚げ物→油の準備や処理&掃除が負担
  • 焼き魚→魚の処理やグリルの掃除が面倒

そもそも料理をしない人にとっては、調理方法から調べる必要があります。

また、揚げ物は調理場所から離れられないなどの苦労点もあります。

一方で、スーパーマーケットなどの惣菜は調理する手間や掃除の不要さを考えるとコスパが良いです。

コンビニでも買えるサラダチキンは、200円~250円なので困ったときの救世主です。

魚を自宅で食べたいときは、缶詰が代表格です。

ストックもでき、いざというときには非常食としても重宝できます。

スポンサーリンク

自炊のメリット&デメリット(単身者の場合)

単身者が自炊をするメリットデメリットを簡単にまとめます。

【自炊のメリット】

  1. お金の節約につながる
  2. みずから信頼した食品を摂取できる

【自炊のデメリット】

  1. 手間や時間がかかる
  2. 残りモノを2日続けて食べる場合も
  3. 生ゴミが増える

料理が趣味やストレス解消になる人は実益もかねている自炊で良いとおもいます。

しかし、節約のためだけに嫌々料理をするのはおすすめしません。

【現実問題】野菜や肉の小分けは高い(安いのは大容量)

自炊が節約につながるのは家族の人数(≒食事する人の多さ)に比例します。

  • 1人前よりも2人前つくるほうが一人当たりの単価が抑えられる

節約をめざす自炊は必然的に量が多くなってしまいます。

スーパーなどで野菜や肉の小分けパックも売っていますが、単身用サイズは割高です。

2日続けてのカレーまでOKでしたが、カレーを冷凍ストックする手間や洗い物の面倒を考えた結果、レトルトカレーに落ち着きましたw

時間との費用対効果を考えて合理的な選択をおすすめしますm(__)m

単身者の生活は時間の効率化が必須

1人暮らしをはじめた当初は自炊が節約につながると信じていました。

自炊は金額面でいえば月に3000~5000円ほど安上がりになりますが、体力と時間がどんどん削られます。

会社員の場合、仕事終わりに料理するのは大変です。

かといって休日に料理の時間を充てる節約法では、身体を休める暇もありません。

ほかの家事も自分でしなければならないので、お弁当や総菜を併用して時短したほうが圧倒的にラクと言えます。

外出不要で注文するなら【出前アプリ】もアリ

休日など外出が面倒なときに役立つのが、スマホのアプリです。

【出前アプリの代表例】

  • ウーバーイーツ
  • 出前館など

アプリでキャンペーン&クーポン検索するほど出不精です。

『出前館』のクーポンは不定期なので、タイミングが合えばラッキー程度に検索しています。

出前館のアプリ

【アプリの特徴】

  1. 雨でも宅配OK(全国1万8000店舗以上から選べる)
  2. ファミレスから個人店舗まで選択可能
  3. キャッシュレス決済OK
  4. クーポン活用がねらい目

会員登録は無料なのでスマホにダウンロードしておいて損はないと思います。

出前館
出前館
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

単身世帯の食費の平均は3万7809円(データより)

【消費支出】16万3035円(100%)
食費3万7809円(23.2%)
住居費2万1615円(13.3%)
光熱費1万4535円(8.9%)
通信費6503円(4%)
食費(23.2%)は全体の消費支出に占める割合の意味です。

(参照元:『総務省統計局:1世帯当たり1か月間の収入と支出』より抜粋)

表の数字は政府の統計データの2018年1~3月期を参考にしました。

単身世帯(1人暮らし)の食費平均は約3万7809円です。

家計調査の説明については以下の通りです。

家計調査は,一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯の方々を対象として,家計の収入・支出,貯蓄・負債などを毎月調査しています。(引用元:『総務省統計局HP』

都市や地方&年代もバラバラなため、あくまで目安の数字としてご理解ください。

余談ですが、住居費が低すぎるので都心だと無理ですね。

食費は年齢や環境によって大きく異なるので、データを参考に自身のライフスタイルにあてはめて考えるのがベストです。

自炊をやめてから取り組んだ事

自炊を減らしたことで、時間が有効に使えます。

以下は、自分の体験談にもとづいた一例です。

自炊をやめてから取り組んだ事
  1. 通信費を見直して食費と同様に約5000円節約
  2. 調理しなくなった時間を他の家事にあてる
  3. 副業で1万円以上を稼ぐ、など

①のスマホ代(通信費)は月々2000円以内なのでキャリア携帯にこだわりのない人にとっては楽な節約術です。

②では収益は発生していませんが、単身者にとって避けられない掃除や洗濯などの雑務をこなしています。

③の副業として挑戦したランサーズでは、ライティング初心者でしたが1万2960円を獲得できました。

時間の使いかたを変えると、自炊で食費を削る以上の効果がうまれるのでおすすめです。

  • 料理好きでない人の節約に食費は向かない(通信費見直しのほうが楽)
  • 3食の外食は高いので惣菜などを活用
  • 節約金額と時間のバランスを常に考える

節約と時間のバランスを考えながら、単身生活を豊かに乗り切りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m