株主優待

【G−FACTORY(3474)】株主優待品は1000円のクオカード

g-factoryの株価と優待ブログ

うなぎが絶滅しないことを願う、あとうです。

G−FACTORY(3474)より6月の株主優待品【クオカード1000円分】が届きました。

優待品クオカード
(1000円分)
権利月6月末

優待利回りは約2.43%です。(7月26日終値で計算)

個人的に購入した経緯を含めてブログでカンタンにまとめます。

お忙しいかたは目次からジャンプできますのでお気軽にご覧くださいm(__)m

【優待内容】年1回のクオカード1000円

g-factoryの優待内容(画像:g-factory優待品のクオカード)

7月末に株主優待品の入った封筒が到着しました。

内容はクオカード1枚(1000円分)です。

権利月が6月末なので、約1ヶ月後に届いた形です。

配当金はないので、年1回のイベントでした。

ほかにもクオカードの優待目的として数社保有しています。

優待利回りは約2.43%(7月末現在)

現在(7月26日終値)の株価をもとにG−FACTORY(3474)の利回りを計算してみます。

株価411円
(7月26日終値)
1株配当0円
(無配当)
優待利回り
(クオカード)
約2.43%
権利確定月6月末

優待利回りは約2.43%です。

1株あたりの配当金0円なので、好き嫌いがわかれると思います。

  • クオカードの非課税を好む人には良い
  • 配当金重視の人には魅力なし

企業の詳細についてはG−FACTORY公式HP『IR情報』で誰でも閲覧可能です。

企業に興味を持った最初のキッカケは、じつは株主優待ではありません。

昇格候補銘柄としてチェックしてました。

こっそり期待しているのですが、無風な状態が続いていますw

スポンサーリンク

G−FACTORY(3474)とは経営コンサルティング会社

g-factoryの事業内容図(画像元:g-factoryの公式HPより)

主な事業内容は経営コンサルティングです。

個人的には飲食業のさらなる拡大に期待しています。

東南アジアへの海外展開をより加速できるかどうかが今後の課題?ですかね。

スポンサーリンク

ウナギ専門店「宇奈とと」も運営

うなぎ専門店の『宇奈とと』も運営しています。

最近は海外に力を入れはじめ、香港に3店舗オープンして合計5店舗になりました。

【名代 宇奈とと】香港に6月、3店舗をOPEN!

(引用元:宇奈とと公式HP『お知らせ』より

外国人のうなぎ需要に期待したいですが、今後どうなるかは誰にもわかりません。

最悪な場面も想定してマザーズ銘柄を保有するかどうか判断がわかれるところです。

株主優待生活に興味ある人は、テレビで有名な桐谷さんの本がおすすめです。

投資は自己責任でお願いしますm(__)m

 

現在メイン口座をSBI証券、ポイント投資用として楽天証券を利用してます。

口座開設は少なからず時間がかかります。

証券口座は無料なので、ねらっている優待を見つけたら早めに行動できるように準備しておきましょう。

コツコツ節約して資産運用をしていきましょう~

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m