資産運用

【ひふみ12月】ひふみプラス(投信)投資信託の状況は?(ブログ成績公開)

ひふみプラス12月画像

『ひふみプラス(ひふみ投信)』で資産運用中の、あとうです。

『ひふみプラス(ひふみ投信)』レオスキャピタルワークスが運用しているアクティブ型の投資信託です。

【私の投資状況】

  • 2017年3月頃から『ひふみプラス』で資産運用スタート
  • 投資信託の累計金額100万円
  • ほかに個別株でも資産運用中(独学でビビり投資ですw)

『ひふみプラス』インターネットの証券会社を通して購入できます。

私はメイン口座をSBI証券、ポイント投資用として楽天証券を利用してます。

SBI証券(メイン&NISA枠)

楽天証券(楽天スーパーポイントの投資用のため)

どちらの証券口座でも『ひふみプラス』の取り扱いがあります。

※ちなみに『ひふみ投信』インターネット証券会社ではなくレオスキャピタルワークスの直販です。

【12月結果】ひふみプラス(ひふみ投信)は不調(先月よりマイナス)

ひふみプラス12月成績画像
12月の『ひふみプラス』の基準価額は11月と比較して大幅に減少しました。

【12月の減少幅(先月比)】

  • -15万9402円
  • -15.94%

11月は+18万6891円の含み益だったので悲しいかぎりですねw

下記の表はブログに記載をはじめてから直近4か月の『ひふみプラス』の推移です。

『ひふみプラス』【含み益の推移】(評価損益 %)
9月+31万3769円(+31.38%)
10月+16万5054円(+16.51%)
11月+18万6891円(+18.69%)
12月+2万7489円(+2.75%)
ひふみプラス,画像
【ひふみ11月結果】ひふみプラス(投信)投資信託の状況は?(ブログ成績公開)『ひふみプラス(ひふみ投信)』で資産運用中の、あとうです。 『ひふみプラス(ひふみ投信)』はレオスキャピタルワークスが運用している...

【ひふみプラス】日経平均株価の乱高下に影響を受ける

12月は『ひふみプラス』を保有してから記憶にないほど基準価額が乱高下しました。

下の表は『ひふみプラス』が大きく動いた日(暴騰&暴落日)をざっくりまとめました。

±2%以上を集計してみました。

『ひふみプラス』【基準価額の推移(%)】
12月6日-913円(-2.41%)
12月10日-1067円(-2.87%)
12月12日+807円(-2.26%)
12月18日-1150円(-3.21%)
12月20日-1175円(-3.39%)
12月21日  -744円(-2.22%)
12月25日 -1783円(-5.44%)
12月27日  +1890円(+6%)

あらためて振り返ると個別株?と見間違えるほど投資信託の基準価額がゆれ動きました。

12月後半のマイナス幅が大きすぎるorz

日経平均株価が1年3ヵ月ぶりに2万円を割り込む

12月の日経平均株価はアメリカに振りまわされすぎました。

『日経平均2万円割れ、終値は1010円安』(参照元:読売オンライン12月25日付)

もしかすると、終わりのはじまりなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ひふみプラスの基準価額がついにマイナスを記録

12月中旬の出来事です。

ひふみプラスの基準価額が数日間マイナスに突入していました。

大納会をおえた現在はかろうじて2万7489円のプラスで推移しています。

12月の下落幅は大きな打撃でした。

2017年3月頃に『ひふみプラス』を購入しています。

おそらくTV放送の『カンブリア宮殿』以降に購入した個人投資家(私も含む)は久しぶりのマイナスを経験したはずです。

買い始めた頃の数日だけ赤字をみましたが、今まで1年半以上はプラスで推移していました。

見方によってはそれほど上昇していたのかと驚く一方で、2019年はむずかしい判断をしなければなりません。

レオスキャピタルワークスのマザーズ上場(12月)が延期に

本来ならレオスキャピタルワークスは12月のクリスマスに上場しているはずでした。

【ひふみの上場延期】は突然のニュースでした。

12月20日付でレオス公式HPでも正式発表がありました。

→参照【『レオス公式『ニュースリリース』

上場延期になりましたが、IPOにも当たっていないので個人的には影響なかったです。

スポンサーリンク

投資信託『ひふみプラス』の2018年は残念でした

2017年の驚異的な含み益と比較すると、2018年の成績は悪かったです。

久しぶりにマイナスを経験した日、頭のなかに損切りがよぎらなかったといえばウソになります。

2019年がはじまると『ひふみプラス(投信)』は再びマイナスに突入するかもしれません。

12月はひとつだけ収穫がありました。

  • 専門家(アナリスト)の話は信用しない

2万円割れを予想した人はツイッターでも話題になりましたがニトリの社長ぐらいです。

これから資産運用をはじめる方はマイルールを大事にしましょう。

2019年『ひふみプラス』の今後は誰にもわかりません

長期投資のスタイルなので投資信託(ひふみプラス)は1月も保有します。

12月が不況の入り口なのか、どうか誰にもわかりません。

12月の乱高下を経験して勉強になったことがあります。

【12月の暴落の場面】

・個人投資家

→泣く泣く損切り

・投資ファンド

→株式を買い増し

個人投資家(私も含む)は資金力がかぎられているので、今回の乱高下に右往左往してしまいます。

一方のレオスキャピタルワークスなど投資ファンドは、多少損失を抱えていても資金力で耐えられます。

資金力の差が27日の1890円(+6%)の上昇の要因だと感じました。

『ひふみプラス』に2018年前半までの高いパフォーマンスはのぞめないかもしれませんが、日本株(個別株)の売買よりはマシだと考えています。

長期の積み立て派は、今回の暴落を買い増しチャンスと捉えているかもしれません。

2019年は守りをかためつつ、もう少し『ひふみプラス』で資産運用を継続していきます。

ひふみプラス(投信)2019年1月画像
【不調を脱出?】2019年ひふみプラス(投信)投資信託の運用結果(ブログ発表)『ひふみプラス(ひふみ投信)』で資産運用中の、あとうです。 毎月恒例の投資ブログ報告です。 『ひふみプラス(ひふみ投信)』は...

投資は自己責任でお願いいたしますm(__)m

SBI証券(メイン&NISA枠)

楽天証券(楽天スーパーポイントの投資用のため)

以上、月1回の『ひふみプラス』の運用ブログ報告でした。

最後までお読みいただきありがとうございました~