資産運用

【2018年の9月結果】投資信託はひふみプラスを運用してます

株主優待ブログ画像

『カンブリア宮殿』を観てから投資した、あとうです。

それまでは『ひふみプラス(ひふみ投信)』の存在すら知りませんでした。
(勉強不足で失礼しましたw)

ひふみプラス(ひふみ投信)は
レオスキャピタルワークスが運用しているアクティブ型の投資信託のことです。

投資をはじめた際の状況はこんな感じです。

  • 2017年から株式投資をはじめる(金融の知識はゼロ)
  • 投資は経験は過去にもありません
  • 個別株と投資信託『ひふみプラス』へ投資中
  • 貯金の半分は生活予備費として残しています

・株や投資は自己責任でお願い致します(あくまでも体験談ですので)

【発表】ひふみプラスに投資した結果(2018年9月現在)

↑2018年9月現在の成績です。

運がよかったです。

きっと同じタイミングで購入した方は良い結果ですね。

ただ、同じ時期にはじめた個別株では損してますw

この含み益は、気持ち的にもかなりありがたいですね。

 

ひふみプラスを購入したタイミング&場所について

少しずつ投資経験をかさねて気づいたのですが、

株や投資信託は購入するタイミングがとても重要です。

良い成績をおさめている投資ファンドでも、

高い時期に買ってしまうと・・・トホホですから

基準価格の上下はどのファンドにも必ずありますので。

このタイミングさえわかれば、誰も苦労しないのですねw

 

https://atoganai.net/kabu/

 

 

購入した時期(タイミング)は『カンブリア宮殿』

ブログをやる予定はなかったのでゴメンナサイ。

購入した正確な日付まではメモっていませんでした。

ただ、TV番組のあとなので2017年の3月はじめです。

お気づきかもしれませんが、
2017年2月16日に放映されたテレビ東京の『カンブリア宮殿』で、
レオスキャピタルワークスの藤野英人社長が取り上げられました。

その影響ですぐに口座開設の手続きをしましたw

1年目のNISA枠を活用して『ひふみプラス』を購入しました。

『ひふみプラス』『ひふみ投信』『ひふみ年金』の

簡単な違いをざっくりまとめました。
(詳細についてはレオスキャピタルワークスのHPを必ずご確認ください)

企業の情報に目を通す→納得→購入

あたりまえのようですが、

いざ投資をはじめてみると忘れがちなんですよね(当初の自分自身ですがw)

おおまかな違いについて

『ひふみプラス』→証券会社や銀行を通じて購入

『ひふみ投信』→レオスから直接購入するタイプ
(長期で持つと手数料が下がる特典あり)

『ひふみ年金』→確定拠出年金を利用した資産形成タイプ

※運用ファンドは同じなので成績は一緒です。

つまり、ご自身のスタイルで選べばよいと思います。

 

『ひふみプラス』がおすすめな人は

  • ネット証券口座を開設予定 or すでに持っている人
  • 短期~長期運用か決めかねている人
  • スムーズ&何度か売買するつもりの人

『ひふみ投信』がおすすめな人は

  • すでに『ひふみ投信』の長期運用を決めている
  • いずれ手数料の恩恵を受けたい(長期運用の場合のみ)

『ひふみ年金』がおすすめな人は確定拠出年金(iDeCo)で運用している方に限ります。
(対象者は少ないとおもいます)

 

どこで『ひふみプラス』を購入すべきか

個人的におすすめなのはインターネットの証券口座です。

ネット証券がおすすめなワケ

・口座開設から購入までインターネットで完結する

・追加購入やつみたて方式など投資方法の切り替えがカンタン

・銀行のおすすめ投資信託を押しつけられる心配なしw

ちなみに現在は下記の証券会社を利用しています。

SBI証券(メイン&NISA枠)

楽天証券(楽天スーパーポイントの投資用のため)

 

口座開設したあとの購入方法はシンプルです。

  1. インターネットの証券口座から
  2. 投資信託の『ひふみプラス』を購入
  3. 金額指定or口数指定を選択

ちなみに

・金額指定→○万円と指定して購入する方法です。
・口数指定→1口(くち)から指定して購入する方法です。

(例)ひふみプラスの基準価格が4万円のとき

→2万口を買う場合は8万円が必要になります

※1万口(くち)当たりの基準価格は日々変動しています。
※最低購入口数は異なります
(ちなみに自分の購入したSBI証券は1万口から可能です)

④購入完了(約定日まで数日かかります)
※約定日(やくじょう)→確定日の認識でオッケーです

 

ネット証券での購入方法が簡単だとおもいますw
(自分もネット証券で購入しましたの)

ちなみに基準価格はレオスの公式ツイッター(@rheos123 )で確認できます。

日によって基準価格の発表時間は前後しますが、午後5時すぎには当日の価格がでます。

 

スポンサーリンク

投資信託で運用するメリット&デメリット

投資信託のメリット

思いつくメリットをざっとまとめます。

  • 日中の値動きを気にしなくて済む(価格の動きが1日単位なので)
  • プロに任せている安心感
  • 株を選ぶ手間が省ける
  • 素人が個別株よりも良い運用成績(人によります)

とにかく投資信託はカンタンに投資できる点が魅力ですね。

個別株ですと以下の三点は宿命ですw

  1. 自分で株を選ぶ
  2. 買うべきタイミングの判断
  3. 購入後の日中の値動きが気になる

 

投資信託のデメリット

もちろん投資信託のデメリットも想定しておかなければなりません。

・投資信託は信託手数料がかかる(≒プロに託している手数料)

・売買したい日と誤差がうまれる(約定日が数日後のためです)

・ある程度まとまった金額を預けないと手数料の払い損になる

(例)とあるファンドに1万円預けたと場合

年プラス1.5%の運用成績で信託手数料が1%だとすると、
微々たる成果しかあげていないことになります。
(・・・定期預金よりは良いですがw)

あたりまえですが投資に『絶対』はありません。

どの投資ファンドも好調、不調の波はありますので。

 

レオスの藤野社長が投資の意味について書いた初心者向けの本です。

本,画像
【資産運用?】『いい会社を見極める 株式投資入門』本がおすすめ(初心者向き)投資信託『ひふみプラス(投信)』で資産運用している、あとうです。 『節約したお金の一部は投資にまわしたほうが良いです』とつぶやくか...

 

 

スポンサーリンク

【今後は】『ひふみプラス』不調の時に買い増しや解約をするか?

現在(2018年)の考えは、このまま運用し続けます。

理由は・・・。

積み足す資金と勇気はありませんw

現在は運よくプラス状態なので、

じっくりと見守る方針です。

価格が上にいくか下にいくかは誰もわかりません。

ただ、ひとつ思うのは、

ネットで「ひふみプラスの成績は不調だ」と

暴落時に叫んでいる人が多く見受けられました。

たしかに基準価格が大きく下がった時期も経験しました。

でも、正直『?』と思います。

文句を言うなら、自分の手でお金を運用すればいいのに・・・。

大事なお金ですよね?

まとめ(2018年9月現在)

個別株と投資信託を同時にはじめてみました。

2018年9月現在ですが個別株はマイナス投資信託はプラスの状態です。
(トータルではマイナスのほうが大きいですねw)

反面教師にでもしてくださいw

おおかみ少年にならないよう投資の勉強は今後も続けます。

両方の投資を経験して感じたのは以下の二点です。

  • 自分自身が納得して投資すること
  • 貯金がすべてではない

 

大事なお金ですから情報に惑わされず、納得する資産運用をめざしていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m