節約

【掃除機いらないは損】一人暮らしは安いサイクロン式がおすすめ

一人暮らし掃除機の画像

節約情報を発信している、あとうです。

一人暮らしで『掃除機いる?いらない?』の結論をブログにまとめてみます。

引っ越し体験談が、なにか一つでもお役にたてれば幸いです。

先に結論をまとめます。

一人暮らしの掃除機は安いサイクロン式を購入するのがおすすめです。

掃除機不要論もありますが、長期的には節約につながりません。

今回のブログでわかることは主に三点です。

  • 週1回使用の掃除機に高い機能や性能は不要です。
  • 掃除機を買わない選択は長期では節約になりません。
  • 退去時の清掃に掃除機がないと不便です。

ブログ体験談をもとにもう少しくわしくみていきます。

【結論】一人暮らしの掃除機は安いサイクロン式がベスト

上記画像は形のイメージです。

私が当時購入した掃除機のスペックは以下です。

(掃除機)※私の事例です
価格約1万5000円
タイプサイクロン型の自走式
コード有線(コード付き)
置き型横と縦置き可能

(補足情報)

  • 掃除機をかける回数は週1回
  • 清掃時間は約15分~30分
  • 部屋は一般的な1Kタイプ

掃除回数と時間は人それぞれ異なります。

毎日かける人以外は、そこまで性能にこだわる必要はありません。

機能性でいえばダイソンのコードレスがベストですが、一人暮らしとなると話は別です。

節約できる部分は他の家電購入費用にあてたほうが良いです。

掃除機代わりにならないクイックルワイパーやコロコロ

クイックルワイパーとコロコロの画像

掃除機を買わないでクイックルワイパーコロコロを検討中の方もいるとおもいます。

結論としては節約につながりません。

長く使うほど消耗品の費用負担がのしかかるからです。

一人暮らしの初期費用をおさえるメリットはありますが、あくまで最初だけです。

節約につながらない理由は大きくわけて3つあります。

  1. 居住年数に比例して消耗品代がかかります
  2. 賃貸物件の退去時に最低限の掃除が必要です
  3. 掃除の時間効率が掃除機よりも悪いです

かんたんな試算方法は『ひとり暮らしを何年するか?』の逆算です。

あくまで例ですが、簡単な表を下記に作成しました。

シミュレーション結果は約1万円の掃除機を購入した場合は3年で回収できる形です。

クイックルワイパーコロコロ派は4年目から消耗品代の分だけ出費が重なります

(商品)1年目2年目3年目(累計額)
掃除機1万円1万円1万円
コロコロ1000円2000円3000円
クイックルワイパー2400円4800円7200円

計算の補足説明をさせていだきます。

※コロコロの替え芯は年2回の消費と想定して1年間で1000円支出。

  1. 【コロコロ本体】400円
  2. 【替え芯3本パック】300円×2回分

※クイックルワイパーは年4回の消費と想定して1年間で2400円支出。

  1. 【クイックルワイパー本体】1000円
  2. 【替えシート20枚入り】300円×4回分

ちなみに節約方法を突きつめると、つぎの引っ越し時点で掃除機を売る選択もできます。

3年後に『メルカリ』や『ラクマ』などのスマホアプリをとおして売却する手段です。

送料が気になる方は『ジモティー』などフリマアプリで売りましょう。

売却益としては100円から1000円の少額だと思いますが、長期の視点を持つことが結果的に一人暮らしの節約になります。

ご自身のライフスタイルをふまえて想定金額を変更しましょう。

スポンサーリンク

【掃除の回数は週1回】おすすめ機能より節約が重要

一人暮らしの掃除回数は週1回か多くても2回です。

1Kの部屋なら掃除時間も15分程度で終了します。

広い部屋に住んでいる人はルンバなどに任せているはずですw

掃除機の機能面にこだわる必要はありません。

ゴミをしっかり吸ってくれれば正直どれでもOKです。

格安品を選ぶ際にはAmazonなど口コミランキング上位をおさえると失敗は少ないです。

プライム会員ならAmazon商品は送料無料なので上手に活用しましょう。

【収納場所に注意】ワンルームなら掃除機を買う前に検討

もし引っ越し先がワンルームの場合、すこし注意が必要です。

掃除機の置き場所は限られてしまいます。

居住スペースに掃除機を置くのは不衛生なので、玄関付近に置く可能性が高いです。

日常生活のスペースを考えると、縦置き型にもできる掃除機を選ぶのが無難です。

スポンサーリンク

おすすめ掃除機はサイクロン式(紙パック不要で簡単)

掃除機は紙パックよりもサイクロン式がおすすめです。

紙パックですと余計な消耗品代が発生します。

一人暮らしの場合、サイクロン式掃除機の購入ポイントは3つです。

  • 安価な掃除機
  • 自走式のタイプの掃除機
  • 縦置きできる掃除機

自走式をざっくり補足しますと、掃除機を押すチカラが少なくて済む掃除機です。

選べるならダイソンが良いのは言うまでもありません。

しかし、一人暮らし初心者にとって生活家電の高い出費は避けたいです。

掃除回数や使用頻度も考えると安価で自走式のサイクロン掃除機がちょうどよいです。

掃除機不要な人は『退去時』を考えると損するかも?

引っ越し前後には、掃除をしなければなりません。

【掃除する理由】

  • 敷金返還の立ち会いのため
  • 部屋の状態を大家さんと確認するたため

私の掃除機の活用例をカンタンにまとめます。

家Aから新居(≒家B)に引っ越すときの掃除機利用の流れです。

  1. 家Aの引っ越し当日にアート引っ越し作業員が荷物を運びだします。
  2. その最中に空いたスペースから自分で掃除機をかけます。
  3. 荷物を運び出す最後にホコリの入った掃除機も家Bに運んでもらいます。
  4. 家Bに(掃除機も)到着します。
  5. 荷物をいれる前、家Bの床に掃除機をかけます。
  6. 家Bにもキレイな状態で荷物を運んでもらえます。

掃除機があったので、引っ越し当日に掃除できる利便性がありました。

敷金返還の立ち会いのために、わざわざ新居から掃除機を持ってくるのは面倒です。

かといって、掃除しないまま敷金返還の立ち会いをするのは得策ではありません。

引き渡す部屋がよごれた状態だと、敷金減額のおそれもあります。

住んでいる時にはクイックルワイパーとコロコロで節約したとしても、最終的に損しては意味がありません。

したがって、安価でも掃除機の購入はしたほうがよいと考えます。

一人暮らしの引っ越しで節約できる点は他にもあります。

もし、洗濯機設置を考えているかたは別記事にまとめています。

事前準備していれば、ムダな支払いを削減できた失敗談です。

アート引っ越し画像
【アート引っ越し】洗濯機の設置に役立つ節約アイテム(損しない為に)ひとり暮らしの引っ越しを3回経験している、あとうです。 アート引っ越しセンターの洗濯機設置で失敗したブログ体験談です。 さき...

 

以上、一人暮らしの掃除機体験談でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m