節約

【アート引っ越し】洗濯機の設置に役立つ節約アイテム(損しない為に)

アート引っ越し画像

ひとり暮らしの引っ越しを3回経験している、あとうです。

アート引っ越しセンターの洗濯機設置で失敗したブログ体験談です。

さきに結論から申しますと『かさあげ台』事前準備していれば節約できました。

洗濯機の下を気にする方にとって有効な節約方法です。

すべての方がお得になるわけではありませんのでご理解くださいm(__)m

引っ越し先の状況は以下のとおりです。

  • 洗濯機はアート引っ越しセンターが運ぶ形です。
  • ドラム式ではなくタテ型洗濯機です
  • 洗濯防水パンは引っ越し先に事前設置ずみです。

アート引っ越しセンターを予定している方の参考になれば幸いです。

【結論】洗濯機のかさあげ台は事前準備で節約できます

洗濯機かさあげ台画像

(画像引用:アート引っ越しセンターHPより)

かさあげ台とは、洗濯防水パンのうえ四隅に置く底上げ商品です。

アート引っ越しセンターよりもAmazonなど大手通販サイトで事前購入がおすすめです。

かさあげ台はあってもなくてもOKですが設置するメリット主に5つあります。

  • 洗濯機の振動軽減
  • 約6cmかさあげのため排水ホースが挿しやすい
  • 洗濯機の下の掃除機がかけやすい
  • 衛生的に保つことで悪臭の防止
  • アート引っ越しセンターで直接購入するより節約

反対にデメリットをあげるなら、かさあげ台の購入費用がかかる点です。

2年以上使用していますが、金額面以外のマイナスはお世辞ぬきに見当たりません。

【体験談】アート引っ越しセンターから『かさ上げ台』を追加購入

アート引っ越し洗濯機画像
(上記画像は以前住んでいた引っ越し前の写真ですw)

ちなみにアート配達員の方の押し売りではありません。

購入してもしなくても、どちらでもOKな状況でした。

以下は私のアート引っ越し事例です。

洗濯機のかさあげ台、設置までの流れを簡単にまとめます。

  1. 新しい引っ越し先に到着
  2. アート引っ越しセンターの作業員が当日提案してきました。
  3. 当日の引っ越し代金に追加で支払い
  4. かさあげ台の価格は約3000円(作業料込み)

引っ越しするまで『かさあげ台』の存在を知りませんでしたが、掃除のしやすさを考えて購入しました。

引っ越し後に、かさあげ台の価格を調べてみたところ意外な事実が判明しました。

かさあげ台の3000円はボッタクリではありませんが安くない価格相場でした。

というのも大手通販サイトに代替え商品が売っていたからですw

  1. アマゾンではアートより安く売っていました。
  2. 口コミランキングも上位なので安心です。
  3. 楽天など他の通販サイトでも売っています。(※送料に注意しましょう)

個人的にはAmazonプライムの送料無料がおすすめです。

洗濯機設置で悩んでいる方は3000円以下でしたら事前購入をおすすめします。

サイズを測って事前に準備するだけで節約につながります。

かさあげ台を四隅に置いて、アート作業員の方に引っ越し先で洗濯機を運んでもらうだけです。

『かさあげ台』の設置はコップを逆さに置く感覚と同じでネジも不要です。

もちろん不要な人は、洗濯防水パンだけでもOKです。

いちばんダメなのは、私のようにアート引っ越しセンターから購入する形ですw

スポンサーリンク

【注意】洗濯機の設置前にサイズ確認は必要です

かさあげ台を使用する上で調べる点は主に二つです。

  1. 洗濯パンの四隅におさまるサイズ?
  2. 蛇口の高さは?(≒かさあげ台の使用で高さが約6㎝アップします)

補足しますと、洗濯防水パンをすでに設置済みの方は必ず引っ越し前に四隅の大きさを確認しておきましょう。

また洗濯機が底上げされますので蛇口との位置関係も要チェックです。

個人的にはゴキブリは苦手なので、掃除のしやすさ(清潔さを保てる)はかなり助かっています。

なお単身赴任など引っ越しの頻度が多い方や洗濯機の下を気にしない人は、そこまで必要な備品ではないとおもいます。

一人暮らし掃除機の画像
【掃除機いらないは損】一人暮らしは安いサイクロン式がおすすめ節約情報を発信している、あとうです。 一人暮らしで『掃除機いる?いらない?』の結論をブログにまとめてみます。 引っ越し体験談...
スポンサーリンク

【洗濯機の引っ越しは指定の場所移動まで(下水ホースは自分)】

アート引っ越しセンターでは洗濯機の場所移動は無料です。

つまり、洗濯機を運ぶ重い作業はアート引っ越しセンターがおこなってくれます。

私たち依頼者としては、最後の下水ホースの設置をするだけです。

有料で最後まで設置もあるようですが、節約の観点からみてもホースは自力がおすすめです。

穴にホースをはめ込むだけなので簡単です。

素人の自分でも洗濯機の説明書をみて数分で終了しました。

最後にもう一度、結論をまとめてみます。

  • 洗濯防水パンだけでOKな人は購入する必要ありません。
  • 清潔さを保ちたい人は『かさあげ台』の事前購入で節約可能です
  • サイズ確認は余裕をもって事前におこないましょう
  • 購入は3000円以下を基準にしましょう。

事前に知っておくだけで千円程度の節約につながります。

引っ越し費用を抑えたい人には、簡単な節約法です。

同じミスをしないために反面教師としてブログを活用してください。

ちなみに大手引っ越し業者のアートとサカイの安さは、その時々で異なります。

私は引っ越し業者を3回ほど利用していますが、結果使いわけています。

1回と2回目はサカイ引っ越し、3回目はアート引っ越しでした。

節約のためには1社ではなく2社以上の相見積りはおこなうべきです。

引っ越し相場は不明瞭なので、しっかり主張して節約につなげましょう。

見積もり体験談は別のブログ記事でまとめています。

【1人暮らしの引っ越し】節約には見積もり2社以上がおすすめです1人暮らしの引っ越しを3回経験した、あとうです。 引っ越し代を節約するうえで大切なことが1点だけあります。 引っ越し費用の見...

以上、アート引っ越しでの洗濯機の体験談でした。

 

最後までお読みいただきありあがとうございましたm(__)m