資産運用

【10月結果】個別株投資は意外な結果?暴落相場の影響をブログ公開

投資歴1年半でビビり投資中のあとうです。

自分は現在、下記の証券会社で4つ口座を開いています。

SBI証券(メイン&NISA枠)

松井証券(サブ口座として)

楽天証券(楽天スーパーポイント投資のため)

岡三証券(サブ口座&IPO抽選のため)

 

【10月結果】個別株は踏ん張り&ひふみ(投資信託)の含み益は減少

10月現在の含み損益は

【-53万9400円】でした。

9月の含み損益は

【-53万5300円】だったので、

10月の下落幅は・・・

−4100円です。

いまだに含み損(マイナス)の状態です。

10月の下落相場を考えるとギリギリ踏ん張れた感覚でしょうか。

まだまだ負け犬の遠吠えですがコツコツと経験を積んでいきます。

【10月の出来事】株価大暴落(今年2回目)が個人投資家(初心者)に影響

10月の株式市場はふりかえりたくないほど下落続きの相場でした。

初心者にとって10月の日本株式市場はツライのひと言です。

【10月株式市場の出来事】

・10月2日に日経平均株価2万4448円(年初来高値)

・一転、月末には株価の下落(暴落の幅が大きかったです)

・1か月の下げ幅は2008年以来10年ぶり(下落幅は9%越え)

10月の日経平均株価は月間で2199円58銭(9.1%)安と5カ月ぶりに下落した。下落幅はリーマン・ショック直後の2008年10月(2682円88銭)以来10年ぶりの大きさ。

(引用元:日本経済新聞2018年10月31日付)

 

10月は「あれっ?あらら・・・あれっ?」

と弱気相場が回復しないまま終わりました。

 

10月は株の売買回数を通常よりも多めにおこないました

直近の大暴落は2018年2月に経験しています。

反省をふまえて10月は多めに行動しました。

【10月の個人的な売買行動】

・株の売買回数をふやす

→信用取引はおこなっていないので『約定』『売却』を数日かけておこないました。

ビビり投資なので100株(1単元)を数日保持して売却というスタイルでした。

ざっくり言えば現物株の短期売買です。

損失額をわずかに抑えられたのは、世界経済の下落相場で『切り札』の銘柄が活躍してくれたからです。

スポンサーリンク

【プラスの出来事】キャッシュレス関連銘柄(個別株)に希望の光

『切り札』キャッシュレス関連銘柄は調子よかったです。

消費税増税が近づくなかで『キャッシュレス』関連のニュースをよく耳にするようになりました。

ビビり投資家なので弱気相場につられて手持ちの一部を売却してしまいましたがw

「持ち越していたら~」

「あのとき多く買っていれば~」

といった「たら」「れば」論の損益ブログは見苦しいのでやめますw

利益がプラスで確定したので切り替えます。

年末にむけてはキャッシュレス銘柄の動向が気になります。

いつまで含み益がつづくかわかりません。

今後の自分の投資方針に影響をあたえるのは『キャッシュレス関連銘柄』です。

【現在考えている方針】は年末を意識して損益を調整させることです。

・キャッシュレス銘柄の利益確定

・手持ち株の年末にむけた大胆な損切り

同時におこなえるのが理想ですが、相場次第でしょうか。

個別株のマイナス幅を少しでも減らしていきたいです。

個別株の損失の7割強が1銘柄で占めているのでw

実行できるかは今後の相場(地合い)次第かもしれません。

年末まで日本の株価が右肩あがりになれば、損切りの決断はしやすいとおもいます。

最悪なシナリオは『キャッシュレス銘柄』の株が暴落した場合です。

そのときは鼻で笑ってくださいw

大胆な損切りは未経験です。

しかし投資家として成長するためには避けられない道です。
(避けられるならどうにかしてでも避けたいですがw)

損切した場合は確定次第『ブログ』で必ず報告します。

スポンサーリンク

【反省点】全体の相場下落で個別株の損切りが大胆にできなかった

反省点は【損切りのタイミング】です。

永遠の課題ですw

このままだと10月にかぎらず『損切りできない』と反省し続けるかもしれませんm(__)m

もうひとつの反省点は【全体の弱気相場につられた点】です。

為替やNYダウなど自分の中で情報がうまく処理できていなかったので、理由なき売却や購入を何度かしてしまいました。

【今後の課題】長期投資の銘柄をしぼり個別株を見直します

スタンスとして長期投資は変わりません。

ただしポートフォリオ(≒金融商品の組み合わせ)は変更していきます。

徐々にですが個別株(日本株)の銘柄は減らす方向で海外の比率をふやします。

理由は分散投資のつもりが日本株に偏りすぎな傾向だからです。

暴落にそなえて株式以外の債券に資金をシフトさせようかも迷っています。

債権については勉強の速度が追いついていないので11月は見送ります。

10月中旬から海外市場の勉強も含めて『楽天スーパーポイント投資』をはじめました。

ポイントの投資先は投資信託に限られますので『楽天全米株式インデックスファンド』を1000ポイント程度ですが開始しました。

アメリカや日本もふくめて株式市場全体の不透明さが増している雰囲気なので、勉強のスピードをよりあげていかなければなりません。

11月は世界経済がどのような状況になるのか想像つきませんねw

・株や投資は自己責任でお願い致します(あくまでも体験談ですので)

→『絶対もうかる超絶必勝法』はこの世に存在しませんw

 

最後までお読みいただきありがとうございました~