資産運用

【11月結果】個別株で初体験!ビビり投資は年末モードへ(ブログ公開中)

チャート画像

独学でビビり投資中のあとう(@ato_ganai)です。

私はメイン口座をSBI証券、ポイント投資用として楽天証券を利用してます。

SBI証券(メイン&NISA枠)

楽天証券(楽天スーパーポイントの投資用のため)

【11月結果】ビビり投資で年末モード突入

個別株 画像
【個別株】評価損益
9月−53万5300円
10月−53万9400円
11月−37万7800円

11月の評価損益は10月と比較して

+16万1600円となりました。

少しずつマイナスが減っています。

喜ばしいことですが、気を引き締めていかなければなりません。

 

理由はシンプルです。

・2020年の東京オリンピック以降は景気減速

(≒株価上昇しにくい)

テレビや経済誌では『2020年の東京オリンピック以降は景気後退』とさんざん言われてます。

私のような独学人間でも知っているので、プロの専門家たちはすでに対策してるかもしれませんね。

【11月の主な出来事】大阪万博開催(2025年)決定

勉強不足の情報だったので、ニュースを耳にしたときはうれしかったですね。

少しでも日本経済にプラス材料ができたのは、長期投資している身としてもありがたいです。

それでも2020年までには手持ちの日本株を減らす方針です。

銘柄を絞るというよりも個別株への投資金額を減らします。

理由は二つあります。

・インデックス型の投資信託の割合を増やしたい

・今よりも株価の変動リスクを低減させたい

投資信託(インデックスファンド)を検討してます。

アクティブファンドはすでに『ひふみプラス』を保有中なので、増やさない方向です。

ひふみプラス,画像
【ひふみ11月結果】ひふみプラス(投信)投資信託の状況は?(ブログ成績公開)『ひふみプラス(ひふみ投信)』で資産運用中の、あとうです。 『ひふみプラス(ひふみ投信)』はレオスキャピタルワークスが運用している...

 

株価の変動リスクについては個別株の宿命ですが、保有にすこし疲れました。

先月に触れたキャッシュレス銘柄の長期保有ですが、株価は見ないほうが気楽だとおもいますw

【10月結果】個別株投資は意外な結果?暴落相場の影響をブログ公開投資歴1年半でビビり投資中のあとうです。 自分は現在、下記の証券会社で4つ口座を開いています。 SBI証券(メイン&NI...

個別株を推奨しているわけではありません。

 

11月の日経平均株価はトータルでみると10月よりもプラスで終わりました。

【日経平均株価】
9月2万4120円
10月2万1920円
11月2万2351円

※端数の銭(せん)は省略してます。

※すべて月末の終値です。

スポンサーリンク

【初体験】コツコツ貯めた利益を大胆な損切で相殺する

損失の7割強をしめる1銘柄の一部を損切りしました。

約20万円です・・・orz

損切りした理由は年末を意識した損益調整です。

【相殺内容】

年初からコツコツ利益確定していた分

≒11月に損切した1銘柄

 

【損切りの背景】

・年初からの個別株の利益確定分がプラスで残っていた

・10月のキャッシュレス銘柄の恩恵

・ナンピン買い後の売却(残100株は保有のままです)

 

スポンサーリンク

【今後の課題】2018年のNISA枠をどう活用するか?

2018年はあと1ヶ月を切りました。

昨年(2017年)は『ひふみプラス』でNISA枠をほぼ活用したのですが、今年はイマイチ活用できていません。

ビビり投資スタイルなので、守りの銀行株をすこし増やします。

おそらくNISA枠は消化不良に終わりますw

無理に日本株の銘柄を増やすつもりはありません。

2019年夏までに日本株の比率を落としいくのが妥当なのかなぁ、とおもいます。

【比率を落とす理由】

・株価はつねに先取りの動きをしているため

・2020年の東京オリンピックの影響をふまえて

基本を抑えつつ、投資バランスを考えていきます。

試行錯誤しながらも・・・もっと本を読みますw

 

最後までお読みいただきありがとうございました~