お金&副業

【KDPデータ公開】本は売れないけど読まれると収益発生(副業収入)

KDP出版に挑戦中、あとう(@ato_ganai)です。

Amazonで電子書籍を出版しました。

タイトルくずしライティング
ページ数約49ページ
発売日2020年12月28日

KDPはデータ公開しても問題ないようなので、当ページで「読まれたページ数」と「やってみた感想」をブログにまとめます。

データは取り急ぎの1週間分です。

⇒今後、当ページに追記

⇒初月のデータが確定して追記完了

感想を先にお伝えしますと「0円から始められるミニ副業としては良い」です。

評価していただき感無量ですm(__)m

ただ、以下の人は向かないと感じました。

  • 楽して儲けたい人
  • すぐに副収入が欲しい人
  • 本を読む習慣が無い人

KDPの振込は月末確定してから約2ヶ月後です。

なので、手元には1円も入ってきてません。

同じ時間をかけるならアルバイトの労働収入の方がはるかに良い

ただ、以下のようなタイプは相性良いと思います。

  • 在宅で小さな収入源を増やしたい人
  • 文字を書くのが好きな人
  • ストック型の労働を重視する人

自分はブログや配当金など、ストック型の副業や収益を重視してます。

たった数十円をバカにする人もいますが、小さくても複数の収入源を確保しておけば、将来動けなくなった時の足しになります。

一人暮らしの副業は、挑戦と失敗をくりかえして、改善すれば大丈夫です。

チャチャ入れてくる人
チャチャ入れてくる人
失敗したら時間失うでしょ?
あとう
あとう
出版方法のスキルは残ります

電子書籍は、失敗しても出版費用0円のため安全な副業です。

  • お金の損失は無い
  • 店舗のような月額固定費も無い

KDPは小さな挑戦に適したプラットフォームだと思います。

自分で体験

⇒物事の判断力をつける

⇒高額な情報商材に騙されるリスクも激減

時間とお金のバランスを考えながら、自分にあった方法をみつけていきましょう。

お忙しい方は目次からジャンプ可能です。

【売れなくても印税GET】KDPは読まれるページ数(KUP)が収益

KDPは売れなくても、読み放題で読まれると収益につながります。(中段に試算あり)

【kindle読み放題設定の対象本】で販売

⇒売れなくても読み放題で読まれる

⇒収益が発生へ

出した次の日が、ニッチジャンルの40位ぐらいでした。

以後は、カテゴリー変更したら600位など大幅に下がりました。

Amazonの順位は無名なので厳しい

したがって、KENPが発生したのは、ほぼブログ経由だと推察されます。

ちなみに本の内容は「ブログの文章術」です。

  • 個人ブログで意識する書き方を20個に厳選
  • ページ数は書籍換算で約49ページ
  • kindleアンリミテッド読み放題対象本(※0円で読書可能)
  • ライター仕事には役立たない手法
  • ブログ受賞歴ありの文章術

【公開1週間】平均約56KENP(1ページあたり約0.5円)

公開してから読まれたページ数(KENP)は以下のとおりです。

日付KENP
12月29日69
12月30日55
12月31日55
1月1日65
1月2日69
1月3日69
1月4日0
1月5日68
合計450
(1日平均)(56.25)

まだデータは日が浅いため参考程度ですが、前回の月7(KENP)よりは良い出来です。

1日約56ページ?読まれている計算

⇒1KENPは約0.5円見込み

⇒約28円(見込み金額)

別の施策をしない限り、長く読まれることはありません。

ちなみに「0」はカテゴリー変更した日です。

  • 単純に読まれなかった日?
  • カテゴリー変更が悪影響?

今は原因不明なので、約1ヶ月後の追記のときお知らせします。

あとう
あとう
ジャンル変更は慎重に

【初月KDP収益確定】KENPの約半分がページ単価

初月分の売り上げが確定したので、追記します。

KDP収益画像
(公開月)KENP
初月179
翌月354

KENPは読まれたページ相当数に該当します。

振込金額はKENPの約半分

⇒日本円で88円(初月分)

(公開月)収益
初月88円
翌月162円

振込金額からみても、KENPの約半分が収益でした。

継続的に読まれるためには、ランキング上位にいる必要性を感じました。

力不足とはいえ、自分の力で1円稼げる手段が増えて嬉しいですね。

読んでいただいた皆様、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク

【売り上げUPのため】KDP出版物のカテゴリーが大事

KDP出版では、販売前に最大2つのカテゴリーを指定できます。

KDPのジャンル
カテゴリーの大枠
  1. フィクション
  2. ノンフィクション
  3. 児童向けフィクション
  4. 児童向けノンフィクション
  5. 漫画、劇画
  6. 教育&参考書
  7. 文学作品集
  8. 分類不可

ジャンル指定しても公開後に希望ジャンルになるとは限りません

アルゴリズムなのか、自分の希望したジャンルにはハマらなかったです。

変更しすぎるとカテゴリーAで40位だったのが、カテゴリーBで600位にダウンする可能性もあります。(自戒w)

Amazonランキングからの流入狙いなら、ジャンルを動かすのは避けるのが無難です。

kindle本売れ筋ランキング

順位とカテゴリーは不確定要素のため、一喜一憂する必要なし

2冊~3冊と横展開で、次の電子書籍をつくるスタイルが良いとおもいます。

Amazon以外で宣伝できるブログやSNSを持つ

一般人でも、自分の宣伝場所を持ってる人はKDPの電子書籍と相性良いです。

Amazon以外の宣伝場所
  • ブログ
  • SNS
  • YouTubeなど

理由はAmazonランキング以外の流入を期待できるからです。

KDPのマイページでは流入元の判断はつきません。

⇒読まれたKENPと販売数は数字で出ます

自分の場合はランキングがイマイチなので、ほぼブログ経由です。

YouTube動画にしようか迷ってるのですが、面倒な人に絡まれる危険性もあるので・・・ブログの方が平和ですねw

KDPの表紙は「本」に寄せて文字を大きく

表紙は、もう少し文字を大きくした方がよかったと反省してます。

表紙サイズは、KDP公式で推奨される「2560×1600」にしました。

表紙の文字は想像以上に大きくしないと目立たない

表紙にこだわりたい人はスキルを売り買いする『ココナラ』などで、イラスト発注するのも1つの方法です。

【KDPが売れない理由】他の電子書籍に埋もれる

Amazonのランキング経由で売り上げ増を見込むのは、正直むずしいと思います。

理由は、紙の出版物の電子書籍版とも同列に比較されるからです。

やはり上位をみても著名人が多いため、自分のような弱者は戦略が必要です。

ジャンル選びの際に「絞る」のが大事

KDPのジャンル

ニッチのジャンルでも上位に食い込めば、露出度はアップします。

小手先のテクニックですが、人の目に触れてもらえる機会は増えます。

kindle本売れ筋ランキング

【感想】初心者の副業の1つとしてKDP電子出版はアリ

Wordで文字を書くことが苦でないなら、KDP出版は副業の1つになります。

去年は短編を1冊出して失敗しましたが、今回はジャンルを絞って小さく成功しました。

KDP

今後、読み続けられるかは不透明ですが、読者のニーズを考えて次回の2冊目をつくっていきます。

今回のKDP出版の制作費用は0円

・本文⇒Wordのみ

・表紙⇒Canvaのみ

Canvaは当ブログのアイキャッチでも利用しており、無料のサービスです。

⇒選べる画像を増やしたいときは有料(単月契約の場合は月1500円)

⇒電子書籍の表紙だけなら課金せずに無料の範囲内で作成可能

楽して儲けようという副業には向きません

「出版」のハードルが高いのは、過去の話です。

Wordで文字を書くことは、難しくありません。

文字を書くのが好きなら「ブログ」と「電子書籍」で、コツコツとコンテンツを制作していきましょう。

ブログの文章術については、Amazonの読み放題対象本にまとめました。

kindle会員0円で読めます。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

『あとうマネーブログ』で実際に使ってるASP一覧です。

ASPサイト名(ひとことメモ)
A8.net日本最大級の広告数
バリューコマース・Yahoo!案件が豊富
・承認率がわかる透明性
もしもアフィリエイトダブル報酬制度アリ
afb(アフィb)顧客満足度4年連続1位
アクセストレード穴場の案件が多め
ドコモアフィリエイト・ドコモ案件は認知度高い
・アプリなどスマホ向け
・ブログ無しでもOK
あとう
あとう
すべて無料登録できます

詳細内容は『初心者におすすめASP』の記事でまとめています。

ブログ独学組として、一緒にコツコツがんばりましょう。