資産運用

【運用7ヶ月】楽天ポイント投資(全米株式インデックス)の推移【5月は厳しい】

楽天ポイント投資(7ヶ月)のブログ画像

楽天証券のポイント投資と『ひふみプラス』で資産運用中の、あとうです。

『楽天全米株式インデックスファンド』の投資信託を購入してから7ヶ月になりました。

  • 【投資期間】2018年10月24日から開始
  • 【投資ポイント】1268ポイント
  • 【投資信託】楽天全米株式インデックスファンド

今月の投資信託の状況や感想をブログにまとめていきます。

先月からさかのぼりたい方は下の過去記事からご覧ください。

 

【7ヶ月結果】損益率は+2.53%を死守(5月は厳しい)

全米株式インデックスファンドの結果画像

上記の画像は『楽天・全米株式インデックスファンド』の7ヶ月の資産経過です。

  • 【評価額】+30円(P)
  • 【損益率】+2.53%

かろうじてプラスを維持しています。

楽天証券のポイント運用を開始してからの推移表をまとめました。

『楽天全米株式
インデックスファンド』
評価額の推移(%)
10月1268円(スタート)
11月1230円(-2.97%)
12月1138円(-10.27%)
1月1201円(-5.26%)
2月1280円(+0.97%)
3月1314円(+3.6%)
4月1358円(+7.07%)
5月1300円(+2.53%)

※単位は円で表記していますがポイント投資なので現金は一切使用していません。

先月(4月)との単月比較ではマイナスになっています。

  • 【評価額】-58円(P)
  • 【損益率】-4.54%

5月は『米国vs中国』の貿易摩擦の話ばかりでした。

経済を注視してなくても、トランプ大統領の発言がやけにニュースをにぎわせていた印象ですね。

貿易摩擦の結末は?(トランプ大統領の感情次第)

貿易摩擦の見解は各アナリストごとに異なりますが、もはや誰も信用していませんw

結局、トランプ大統領の気分次第だと考えています。

  • アメリカの一人勝ち→全米株式は上昇
  • アメリカの一人負け→下落(世界経済も停滞)

個別株ならポジションを常に意識しなければなりませんが、その点、楽天ポイント投資は気楽です。

  • 長期投資でひたすら放置

見知らぬ個人投資家から、思考停止の行動と言われようとも気にしませんw

ポイント投資は基準価額が上下しても、原資がおおきくない限りジュース代の損益なので。

資産運用の経験を積みながら、ひたすらアメリカに従うのが吉です。

ちなみに簡単なNYダウの推移を表にまとめました。

先月と比較すると666ドル下落しているので、さすがに5月の投資信託(全米インデックス)は上がりません。

NYダウ終値
12月末23,062ドル
1月末24,737ドル
2月末26,031ドル
3月末25,502ドル
4月末26,543ドル
5月末25,877ドル

※NYダウの5月末とは記事の完成時点(5月21日)の状況です。

※端数のセントは省略してあります。

スポンサーリンク

アメリカに希望がなければ投資信託の未来なし

アメリカがダメになったら、全米株式インデックスの投資信託も末期に近づきます。

とはいえ、日本の投資信託にポイントをふりわけるつもりは正直ありません。

日本は好きですが、日本の株式投資の魅力が激減していますm(__)m

  • 日本企業の良い決算→ 日経平均の上昇はわずか
  • トランプのTwitter発言→ 日経平均の大幅下落

日本企業の頑張りが、何度もトランプ大統領のひと言で消される現状が続いているので長期投資する気持ちが萎えます。

消去法で考えても、アメリカに投資していたほうが良いと思いました。

マネーブログは個人の考えなので投資は自己責任でお願いいたしますm(__)m

ポイント投資の経過は月イチ更新なので、気軽にブックマークして頂けると嬉しいです。

今後のポイント投資のページ更新については以下を検討中です。

  • 毎月ごとに新規ページで更新
  • 統一した1ページをその都度更新していくスタイル

どちらがわかりやすいか模索中ですので、感想があれば教えてくださいませm(__)m

以上、楽天ポイント投資7ヵ月のブログ報告でした。

  1. 楽天カード→楽天ポイントを貯めるためのクレジットカードです。
  2. 楽天証券→楽天証券の口座開設してからポイント投資が開始できます。
  3. 楽天銀行→楽天証券口座への入出金がスムーズになります。

コツコツ節約しながら資産運用にはげんでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m