資産運用

『全米株式インデックス』の最新成績【楽天ポイント投資10ヶ月】

楽天全米株式インデックスのブログ画像

楽天証券のポイント投資で資産運用中の、あとうです。

『楽天全米株式インデックスファンド』の投資信託を購入して10ヶ月になりました。

  • 【投資期間】2018年10月24日から開始
  • 【投資ポイント】1268ポイント
  • 【投資信託】楽天全米株式インデックスファンド

投資信託の状況や感想をブログにまとめていきます。

8ヶ月目から最新成績を月1回当ページに追記する形になりました

7ヶ月からさかのぼりたい方は下の過去記事からご覧になれます。

お忙しい方は目次から最新にジャンプできます。

気になる箇所だけ読むことも可能なので、お気軽にごらんくださいm(__)m

【投資後の成績表】値動きを経験しながら経済勉強

月ごとの感想の前に、楽天証券のポイント運用の推移表を先にまとめます。

『楽天全米株式
インデックスファンド』
評価額の推移(%)
10月1268円(スタート)
11月1230円(-2.97%)
12月1138円(-10.27%)
1月1201円(-5.26%)
2月1280円(+0.97%)
3月1314円(+3.6%)
4月1358円(+7.07%)
5月1300円(+2.53%)
6月1319円(+4.03%)
7月1359円(+7.15%)
8月1296円(+2.2%)

※単位は円で表記していますがポイント投資なので現金は一切使用していません。

8月の投資信託は先月(7月)との比較でマイナスになりました。

  • 【評価額】-63円(P)
  • 【損益率】-4.95%

毎度のことですがアメリカ大統領の発言に株価が振り回されています。

【8ヶ月】+4.03%の全米株式インデックスファンド

全米株式インデックスファンドのポイント投資結果(画像元:楽天証券のマイページ画面)

上記の画像は『楽天・全米株式インデックスファンド』の8ヶ月の資産経過です。

  • 【評価額】+51円(P)
  • 【損益率】+4.03%

6月はアメリカ経済が強かったので、おだやかなプラスでした。

【9ヶ月】+7.15%(アメリカだけ強い)

楽天ポイント9ヶ月目の画像上記の画像は『楽天・全米株式インデックスファンド』の9ヶ月の資産経過です。

  • 【評価額】+91円(P)
  • 【損益率】+7.15%

ポイント量が少ないのでプラス金額はたいしたことないですが着目する点は【損益率】の部分です。

  • 約7%の意味とは?

アメリカ人が貯金より資産運用を好む理由は、なんとなくわかりますね。

【最新10ヶ月】+2.2%(大幅に減速)

楽天ポイント投資10ヶ月の最新画像最新の『楽天・全米株式インデックスファンド』の投資推移です。

  • 【評価額】+28円(P)
  • 【損益率】+2.2%

なんとかプラスを維持していますが、今月は4.95%と大幅なマイナスです。

現金なら解約も含めて検討するかもしれませんが、すべて余剰ポイントなので財布に影響はありません。

強がっているワケでも、煽っているワケでもありませんm(__)m

とにかく【投資資金を貯める】方法で、楽天ポイントをコツコツ貯めています。

スポンサーリンク

【投資資金を貯める】楽天サービスをフル活用

通常の楽天ポイントを貯める方法は、日常生活で楽天サービスを活用するのが早いです。

【切り替え例】

  • 楽天銀行
  • 楽天でんき

支払いには楽天カードが必須なので、ポイント投資前に準備しておきましょう。

下記リンク記事は『楽天でんき』の一人暮らしの体験談ですが、家族単位でも節約は可能です。

切り替える前には、無料シミュレーションの料金診断をやっておくと安心です。

ハードルが高いと感じる人は楽天の公式アプリでポイントを貯める方法もあります。

楽天の稼げるおこづかいアプリ~スーパーポイントスクリーン~
楽天の稼げるおこづかいアプリ~スーパーポイントスクリーン~
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

期間限定ポイントしか貯まらないと思われがちですが通常ポイントの獲得も可能です。

方法はシンプルです。

  • アプリ内の『ポイント貯まるコーナー』を活用してGET

心配な方は楽天ポイントスクリーンの規約に目を通しておくと良いですね。

Q. 獲得したポイントはいつ付与されますか?

A. 獲得したポイントは、2日後に通常ポイントとして付与されます。
付与されたポイントは楽天PointClubより「ポイント貯まるコーナーで獲得」という履歴名にてご確認いただけます。

(引用元:楽天ポイントスクリーン『よくある質問コーナー』より)

上から3つ目のQ&A欄に書かれています。

あくまでスキマ時間を活用するのが疲れない貯め方ですm(__)m

アプリの体験談は別記事でまとめています。

ちなみに100P獲得できる初回キャンペーン期間限定ポイントですのでご注意ください。

スポンサーリンク

【NYダウの一覧】全米株式に影響する参考資料

簡単なNYダウの推移を表にまとめました。

NYダウ終値
12月末23,062ドル
1月末24,737ドル
2月末26,031ドル
3月末25,502ドル
4月末26,543ドル
5月末25,877ドル
6月末26,719ドル
7月末27,192ドル
8月末25,628ドル

※NYダウの8月末とはブログ記事の完成時点(8月24日)の状況です。

※端数のセントは省略してあります。

トランプ大統領にしてやられた感がありますね。

  • 明るい話題が少ない

【口コミ】気にしない理由は『ポイント運用』

口コミや評判を気にする人もいますが『ポイント投資』では、あまり意味がありません。

理由は主に3つあります。

  1. 増えても減っても自己資産に与える影響が小さい
  2. 原資が楽天ポイントなので現金に影響なし
  3. 少ない積み立て額では値動きが『ジュース代』程度

ポイント減少は悲しいですが、現金で資産運用をはじめるのとワケが違います。

ポイント投資は体験しながら経済やお金の流れを学べるのが魅力的。

間違っても、初心者を対象にした有料セミナーには参加しないほうが良いです。

ポイント投資でシミュレーションするとわかりますが、1000ポイント単位だとジュース代にも満たないのでセミナー代金を回収できません。

したがって、自分の資産は自己防衛あるのみです。

まずはポイント投資からはじめて、資産運用と貯金の割合を考えていく形が良いと思います。

  • ポイント投資で勉強しながら資産運用を学ぶことが大切
  • 投資の有料セミナーに行く必要なし

マネーブログは個人の考えなので投資は自己責任でお願いいたしますm(__)m

ポイント投資の経過は月イチ更新です。

気になる方は当ページのブックマークを推奨しますm(__)m

以上、楽天ポイント投資のブログ報告でした。

  1. 楽天カード→楽天ポイントを貯めるためのクレジットカードです。
  2. 楽天証券→楽天証券の口座開設してからポイント投資が開始できます。
  3. 楽天銀行→楽天証券口座への入出金がスムーズになります。

コツコツ節約しながら資産運用にはげんでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m