資産運用

【楽天ポイント投資】投資家デビューは投資信託でOK!初心者におすすめ

楽天ポイント投資

投資と節約のバランスをつねに模索中の、あとうです。

楽天証券で楽天スーパーポイントの投資をはじめました。

【楽天スーパーポイント投資が初心者におすすめな理由】

  • 楽天ポイントの投資は現金がいらない
  • 普段の買いもので貯めたポイントが投資資金になる
  • 投資信託ならプロに任せるだけ

現在の投資経験としては、株式と投資信託(ひふみプラス)を運用中です。

今回の投資デビューに必要な三種の神器です。

投資をはじめる前にあらかじめ準備しておくとスムーズです。

  • 楽天カード→楽天ポイントを貯めるクレジットカードです。審査がありますので早めの申請をおすすめします。
  • 楽天証券→楽天証券の口座開設して、はじめてポイント投資が開始できます
  • 楽天銀行→楽天証券口座への入出金がスムーズになります

【結論】楽天ポイントはほったらかしで基本OK

投資家デビューに投資信託はおすすめです。

楽天では100ポイントから購入可能です。

投資信託がおすすめな理由は大きくわけて3つあります。

【理由】

  • 投資信託は個別株とくらべて手間がかかりません
  • プロが投資信託を運用してくれます
  • 基本ほったらかしスタイルでOKです

初心者におすすめな理由をもう少し詳しくみていきましょう。

【理由①】投資信託の値動きは1日1回と管理がラクです

投資信託の基準価格(≒値段)は1日1回しか動きません。

投資信託の基準価格は、個別株の値動きを集計し終えてから出されます。

簡潔にまとめますと投資信託の中身は個別株の集まりです。

投資信託X=個別株(A株+B株+C株・・・)

 

【理由②】投資信託はプロが運用してくれます

投資信託をはじめるにあたって、決断することはたった1つです。

楽天スーパーポイントの投資先を決めるだけです。

どの投資ファンド(≒投資運用会社)にするかの選択です。
(※投資デビューに向くファンドは下段にまとめて記載しました)

あとは1日1回、投資信託の基準価格をみるだけでよいと思います。

長期で投資信託を運用するかたは週1日でもかまいません。

ちなみに投資信託は個別株よりも価格の動きが小さいです。

【1日の値動きの幅】

  • 債権< 投資信託 <個別株

(小さい→大きい)

【投資デビューには?】楽天証券(証券会社)で口座開設しましょう

楽天ポイントの投資は楽天証券での口座開設が必要です。

たとえポイントが貯まっていても、証券口座がなければ投資できません。

口座をお持ちでない人は、はやめに口座の開設申請をしましょう。

  • 申請から開設までインターネットで完結
  • 楽天証券は口座開設や維持も無料
  • 口座開設まで時間がかかります

無料なのでご安心をw

ポイント投資に悩んでいる方も先に口座開設をおすすめします。

【早めに口座開設する理由】

  • 申請から口座開設まで1週間程度かかります。
  • 申請した日に投資デビューはできません。
  • いざ投資デビューしたいときに証券口座がないと投資できません。

証券口座と楽天銀行を連携するメリットは以下の記事でまとめています。

お忙しい方向きに結論だけ申しますと、預金の金利が0.1%にアップします。

スポンサーリンク

【楽天ポイント投資】のメリットとデメリットについて

楽天のポイント投資は現金がなくても簡単にはじめられます。

軍資金が【楽天スーパーポイント】になるからです。

気軽なポイント投資の【メリット】と【デメリット】を確認しておきましょう。

【メリット①】ポイント投資なのでお金は使いません

楽天ポイントの投資はお金をつかいません。

貯めた楽天スーパーポイントを利用するからです。

投資デビューをはばむ大きな壁として『リスク』という言葉があります。

正直、リスクのない投資は存在しません。

リスクを減らす対策は誰でもできます。

リスク対策は・・・お金をつかわないことですw

節約志向(守り)に近いですが今回のテーマは投資(攻め)のお話です。

少しだけ視点をかえると、ポイント利用なので現金は一切使用していません。

【メリット②】資産形成の基礎が学べます

ポイント投資をはじめることは、投資と節約のバランスを考えるきっかけになります。

資産形成を学ぶといってもガツガツ勉強する必要はありません。

手はじめに、テレビ東京の経済番組を観てみましょう。

【朝型の人向き】
(平日朝5時45分~7時05分)
『Newsモーニングサテライト』

【夜型の人向き】
(平日夜11時~11時58分)
『WBSワールドビジネスサテライト』

はじめはわからないことだらけですがテレビ学習なら気軽にはじめられます。

 

【メリット③】投資デビューで政治経済に詳しくなれます

投資で学べることは金融リテラシーだけではありません。

政治や経済への関心も高まります。

むしろ投資をはじめるまで円高と円安の違いすらわからなかったですw

投資デビューしてからの変化

(変化①)ビジネス関連本を読むようになりました
→元々は貯金&節約大好き人間でした。
投資デビューしたことで株式関連やビジネス本を読みあさりました。
書籍でギャンブルはダメと再認識したと同時に節約には限界があることも学びました

(変化②)円高や円安の情報をまなび海外旅行へ行くキッカケに
→円の価値を学ぶなか為替情報から海外旅行に興味をもちはじめました。
(2018年は物価の安いタイへ行きました)

 

【デメリット①】ポイントが消滅する可能性もあります

投資をすると【損】or【得】の結果が必ず出ます。

ポイント投資もリスクは存在します

リスクは楽天スーパーポイントが減ります

1ポイントでも減らしたくない人は別の使い道を考えたほうがよいと思います。

投資関連本を読むと必ず『投資は自己責任で』と書かれています。(≒個人投資家への注意喚起です)

リスクをどう捉えるかは人それぞれですm(__)m

【デメリット②】ポイント投資は投資信託の買い付け上限があります

楽天スーパーポイントを大量に貯めている方のみにあてはまります。

買い付け上限とはポイントで投資できる限度額のことです。

(ダイヤモンド会員以外)
年間:10万ポイントまで購入可能

(ダイヤモンド会員)
年間:50万ポイントまで購入可能

とはいえ、現金は使用しなくてもOKです。

楽天ポイントの貯め方にはコツがあります。

個人的にオススメなのが【楽天リーベイツ】です。

  • 買い物の際にリーベイツ経由することで楽天ポイントがもらえる仕組み

 

【楽天リーベイツ】を利用することでポイントが簡単に貯まります。

  • リーベイツでサイト経由の買い物をする
  • 初回利用特典で500ポイントGET
  • 楽天市場にないサイトがねらい目

2回の買い物で466ポイント貯まりました。

お時間がある方は詳細記事もあるのでご覧ください。

スポンサーリンク

【デビュー銘柄は?】手数料割安な投資信託(インデックス型)でOK

投資初心者向けの本をよむと、

『投資信託(≒ETF)はインデックスファンドで手数料は安いファンドを選ぼう』

と書かれていることが多いです。

ETFとは【Exchange Traded Funds】の略称で【上場投資信託】をさします

ポイント投資で長期運用するかたはこの選択がベストだとおもいます。

投資信託は長く運用するほど手数料の安さが重要になってきます。

 

インデックスの投資スタイルについて詳しく知りたい方は水瀬ケンイチ氏の『お金は寝かせて増やしなさい』の本がおすすめです。

【書評】『お金は寝かせて増やしなさい』資産運用で悩む前に読む本独学で資産運用を実践中の、あとう(@ato_ganai)です。 現在、保有している投資信託はインデックスとアクティブの2種類です。...

【投資信託(インデックス型)】手数料の安さにこだわる人向きです

ポイント投資をはじめるにあったてファンド選びは重要です。

絶対に抑えておくべき点は1つです。

買い付け手数料が無料(=ノーロード)のファンドを選びましょう

4つのインデックスファンドを選んだ基準は以下のとおりです。

  • インデックスファンドの代表格
  • 信託報酬の安さ(≒年間の手数料の安さ)
  • 購入したor検討候補の投資信託だったのでw

王道の投資信託ばかりですみませんm(__)m

【※2018年10月現在の情報です】

 

①楽天全米株式インデックスファンド

自分も保有中です。

アメリカの景気が悪くなると経済は総崩れになるので期待の意味も込めてポイント投資しました。

【特徴ひと言メモ】

  • 米国経済(アメリカ)に期待する人向き
  • 信託報酬0.1696%が安い(≒年間の管理手数料が安い)
  • 楽天証券内の積み立てランキング1位(2018年10月現在)

 

②楽天全世界株式インデックスファンド

このインデックスファンドは投資対象が全世界にむけられています。

投資に参加したいけど考える時間がとれない人は全世界株式の選択でOkだとおもいます。
インデックスファンドの王道中の王道です。

【特徴ひと言メモ】

  • 世界経済に期待する人向き
  • 信託報酬0.2296%
  • 楽天証券内の積み立てランキング4位

 

③eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

インデックス運用の中でも信託報酬が最安値近辺です。

先進国にしぼって長期運用する大本命かもしれません。

現在保有中です。

【特徴ひと言メモ】

  • 先進国に期待する人向き
  • 信託報酬0.11772%
  • 楽天証券内積み立てランキング2位

 

④ニッセイ日経225インデックスファンド

日本の株式市場に上場している225銘柄から構成されています。

日本の主要企業に投資したい人向きのファンドです。

【特徴ひと言メモ】

  • 日本経済の主要株に期待するなら
  • 信託報酬0.27%
  • 楽天証券積み立てランキング6位

 

インデックスファンドは投資先と手数料の安さを重点的にみましょう。

経済がよければインデックスファンドの基準価格も全体的に上がります。

血まなこになって比較するよりは王道をおさえておくイメージです。
(※アクティブファンドは厳密な比較が必要です)

 

楽天ポイント投資1ヶ月目のブログ画像
【楽天ポイント運用の結果報告ブログ】資産運用中(1ヶ月目)楽天ポイント投資をはじめた、あとうです。 『楽天全米株式インデックスファンド』の投資信託をはじめて約1ヶ月経過しました。 ...

 

【アクティブ型の投資信託なら?】投資パフォーマンスの高さが重要

「アクティブファンドの9割はインデックスに勝てない」とよく言われています。

無責任な発言は避けたいので自分の投資しているファンドに絞りました。

ちなみに現在はNISA枠で『ひふみプラス』を運用中です。

 

①ひふみプラス

日本にあるアクティブファンドで純資産1位のレオスキャピタルワークスが運営しています。

2017年2月にTV番組『カンブリア宮殿』で取りあげられ大人気ファンドになりました。

ざっくりとした運用イメージとしては日本株9割+外国株1割です。

『ひふみプラス』にふくまれる上位10銘柄はレオスHPで公表されています。

全銘柄が公表されていない理由は、投資先をライバル社に明かさないためです。

アクティブファンドあるあるですw

アクティブファンドなので信託報酬はインデックスファンドより高めです。

【特徴ひと言メモ】

  • ファンドマネージャ藤野英人氏に期待するなら
  • 信託報酬1.0584%
  • 楽天証券積み立てランキング3位

投資信託は運用期間と手数料を味方にするのがベストだと考えています。

長期的にはインデックスファンドのほうが良いと理解しています。

それでもアクティブファンド『ひふみプラス』に投資を続けています。

理由はたった1つです。

投資したときよりも投資成績がプラスだからです。

アクティブファンドは【投資パフォーマンス】と【手数料の高さ】を比較して割高に感じたら解約する考えです。

インデックスファンドにするかアクティブファンドにするかはご自身の考えに合うほうで良いとおもいます。

もちろん両方の投資信託を経験してみるのもアリです。

【楽天ポイント投資のまとめ】

楽天スーパーポイントは楽天カードで買い物するたびに貰えます。

節約家こそポイント貯金は得意だとおもいます。

少しでも投資に興味がわいたなら100ポイントからでもはじめてみましょう。

投資をはじめるとお金に対する考えや日々の行動も変化します。

【行動の変化】
→10円節約するために買い物のハシゴ
→メインバンクをネット銀行にして利子で10円ふやす

→コンビニでは現金払い
→コンビニでは株主優待のクオカード払い

あくまで自分の例ですが節約と投資はバランスが大切です。

コツコツ資産運用をがんばりましょう。

  • 楽天カード→楽天ポイントを貯めるクレジットカードです。
  • 楽天証券→楽天証券の口座開設でポイント投資が開始できます。
  • 楽天銀行→楽天証券口座への入出金がスムーズになります 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m