【読書で人生が変わる?】行動した結果で変化する(自分のやる気次第)

読書で人生が変わるかブログで検証

多ジャンルを乱読してる、あとう(@ato_ganai)です。

「読書で人生が変化する?」か、意見のわかれるところですが、この文章には1つ言葉が抜けています。

「読書をして(行動した結果)人生が変わる(かも)」

悲しい話、本を読んだだけでは意味がありません。

ジャンルを例にすると、わかりやすいです。

  • 『ストレスがゼロになる』メンタル関連の本
    →読んでもイライラは消えません
  • 『お金の増やし方』お金関連の本
    →お金持ちになりません

ただ、読書は人生を支えてくれる柱になります。

お忙しい方向けに先にブログの結論をまとめます。

  • 読書をして「行動」しないと変わらない
  • 多く読んで考え方を柔軟に
  • 嫌いな人の本でもあえて読む

YouTube動画が流行っても「本」がなくなることは、ありません。

先人の考えを吸収できるのが読書の醍醐味

読書が遠回りに感じる人でも、音声コンテンツで内容を聴ける時代です。

変なセミナーにお金を払うより何百倍も良い自己投資になります。

目次からジャンプできます。お気軽にお読みくださいませ。

【読書で人生が変わる】大事なのは行動

「読書をして人生が変わる」のでしょうか?

答えは半分YESですが、大事な言葉が足りないです。

「読書をして(行動した結果)人生が変わる(かも)」

本を読む

→読書で心境が変化

→行動する

→良くも悪くも結果が出る

質問者
質問者
結局どっちの発言が正しいの?
あとう
あとう
感じ方は人によって異なります
  • 読書で人生が変わったと感じる派
    良い結果だった人
  • 読書で人生は変わらない派
    悪い結果が出たので時間のムダ

人それぞれ感じ方が異なる中で正解を断言できる人は、よほどの自信家か怪しいセミナーの主催者です。

1つだけ言えるとすれば、興味の湧いた本を1冊読んで自分で行動してみるのが良いです。

本は行動を促すカンフル剤

なにを読めばいいかわからないときの選び方はシンプルです。

  1. 世間で人気ランキング上位
  2. 口コミが多い本
  3. その中で気になった本

「自己啓発書」のジャンルが衰退しない理由は、文字に背中をおしてもらいたい潜在的なニーズが絶えないからです。

時代の変化や働き方については、ホリエモンの著書『多動力』が参考になります。

ちなみに、時間が無い人はスマホがあれば無料で聴くことも可能です。

無料登録で聴く方法の節約方法はコチラにまとめています。

Amazonオーディブルの登録(解約)方法
【無料】多動力をAmazonオーディブルで聴く手順(登録方法を画像で解説)【Amazonオーディブル】で『多動力』が聴いた、あとう@です。無料登録手順をブログ(画像付き)にまとめます。スマホにダウンロード後はオフラインでも聴けるのが地味に嬉しいです。キャンペーンで節約しましょう。 ...

読書で人生の考え方が柔軟に変化

読書の良いところは、他人の介入が無いところです。

  1. 自分のペースで読み進められる点
  2. 誰が言ったかに左右されにくい点

個人的に大切にしてるのが【誰が言ったかに左右されにくい点】です。

もちろん、本を選んだ時点で作者は知ってるのですが、読書中に向きあうのは「文字」です。

会話だと「誰が言った?」に影響されがちです。

同じ内容だとしても「好き嫌い」で天と地の差があります。

  • 好きな芸能人の意見→信じやすい
  • 嫌いな芸能人の意見→耳を貸さない

嫌いな芸能人の意見が「正しい」場合でも、悲しいことに耳が閉じてしまう状態です。

質問者
質問者
嫌いな人の本は読む必要ないでしょ?
あとう
あとう
反対側の言い分を知ることで冷静に判断できます

嫌いな人の発言でも、文字に変わるだけで、自分の中で受け止めやすくなります。

読書で他人の意見や考えを取り入れ判断力を養う

誰が言ったかに惑わされることなく、自分の中で良い悪いの判断ができます。

たとえばメンタリストDaiGoの主張は心理学や過去の論文が背景にあるので「なるほど」と共感できる点もあります。

Amazonなら初月30日間無料Kindle Unlimited無料体験で節約して読めます。

変なオンラインサロンに加入する必要もありませんw

読書は多様な価値観に触れるチャンスです。

この機会にあえて、苦手な人物の著作に触れる

本を読んだあとに行動が変わる

本でインプットした後は行動としてアウトプットをしましょう。

  • 本の感想をノートでまとめる
  • 本で興味が出た場所に行く
  • やりたいことに挑戦する、など

あらたなジャンルの本を読むことも、立派な行動です。

人生を変えるのは読了後の行動&その後の経験

人生を変えたいと思ってもゴール(目的)は各自異なります。

ただ、共通している事は1つだけあります。

自分が行動しないと変化なし

ノウハウのマニアになっても意味ありません。

本を読んだだけでは、心境が変化するだけです。

以下に簡単な事例を挙げてみました。

ブログに挑戦するとしたら、どちらが有利でしょうか?

  • Aタイプ:ブログ開始前に100冊読む
  • Bタイプ:1冊読んだらブログをはじめる

極端な例ですが、知識をたくわえるAタイプより、Bタイプの方が時代の変化についていきやすいです。

不況にそなえて副業をはじめるとしても、Bタイプが有利です。

というのも、ブログは小さな結果が出るまでに「時間」がかかります。

(自分の例で恐縮ですが)約2年前にブログの知識もないまま始めたのですが、ライターの案件や企業からレビュー依頼がくるようになりましたm(__)m

本を読んで行動して人生が小さく変わった、と感じた瞬間です。

悩む時間がもったいので行動しながら考えるのが吉

好きな著者の100冊読むより多ジャンルの乱読が良い

読書に正解はないので、自由に楽しみましょう。

どんな本が良いか迷っている人は多様なジャンルに触れることがおすすめです。

  • ビジネス書
  • 哲学書
  • ノンフィクション
  • 自己啓発
  • 小説
  • 漫画など

各ジャンルの著名な本を1冊ずつ触れるだけでも情報の感度があがります。

他人の感性や感覚、意見を把握する事は自分の考えを柔軟にすることにもつながります。

好きな作者の作品だけ読む

多ジャンルにまたがって読む

情報や知識を得ようとする行動は、今後必須なチカラです。

たとえば、節約情報を探すことも「検索力」の1つです。

本好きなので読書の節約方法は、常にアンテナを張ってます。

電子書籍を安く買う方法は、以下の記事でまとめました。

【感想】人生を変えるには読書術にこだわる必要なし

本も読む習慣がない人は、読書と聞くだけで拒否反応を起こしがちです。

  • 文字を目で追うことが疲れる
  • 何を読めば良いのかわからない
  • そもそも読書が嫌い

正直、読むスタイルは「紙」にこだわる必要ありません。

忙しい方は、本を読まなくても別の方法で大丈夫です。

  • 原作本の映画を見るのもOK
  • 音声コンテンツで耳から聞く形でもOK

読書好きでも、たまに文字を目で追うのが辛くなったりします。

漫画で読める名作文学もあります。

読書方法で大事なのは自分に合ったスタイル

読書は紙の本がいちばん良い、と言う発想はもうやめました。

以前までは紙の本でしたが電子書籍に触れてから、考え方がガラリと変わりました。

前回のブログで『【電子書籍と紙の本】使い分け読書がおすすめ(ジャンルで判断)』電子書籍と紙の使い分け方法をまとめました。

読書で先人から知恵や勇気をもらいつつ、コツコツ行動していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m