節約

【Wi-Fi電気代】つけっぱなしで1日いくら?(待機電力から試算したデータ)

Wi-Fi電気代つけっぱなしのブログ

自宅でWi-Fi利用中の、あとう(@ato_ganai)です。

在宅ワークでWi-Fiルーターを1日中つけっぱなしな日々が続いてます。

1日の電気使用量はどのぐらいなのか?気になり、楽天でんきのスマートメータ―のグラフをもとに試算してみました。

ちなみに今回調査した条件は以下です。

  • Wi-Fiは1日つけっぱなし
  • 日中は約9~10時間ほどパソコン利用
  • 常時接続してるのはPCとスマホ
  • 深夜1時から朝7時はWi-Fi利用なし
    (他の家電の待機電力は含む)
  • 夜はモデムのコンセント挿したまま
    (いつでも使える待機状態)

あらかじめお断りしておきますと「未使用時の待機電力」から試算したデータです。

Wi-Fi単独ではありませんm(__)m

一人暮らしの日常利用なので、目安程度に寝転がりながらお読みくださいませ。

今回は在宅ワークでつけっぱなしにしたWi-Fiの1日の電気使用量をまとめます。

お忙しいかたは目次から好きな場所へジャンプできます。

Wi-Fiつけっぱなしで1日過ごした電気代4kw

Wi-Fiをつけっぱなしで、在宅ワークした1日の電気使用量は4kwでした。Wi-Fi以外の電気使用も含んだ合計値です。

Wi-Fiつけっぱなしの1日のグラフ画像(画像:楽天でんきのマイページ「電気使用量」より)

自宅の電力会社は楽天でんきです。「スマートメータ―」で毎時間の使用量が確認できます。

赤線部分(深夜3時)を例に試算していきます。深夜3時はWi-Fi未使用の時間帯です。

時間帯電力消費量
深夜3時0.09kwh
5時0.09kwh
7時0.09kwh

自宅の待機電力は約2時間おきに0.09kwh発生してました。

  • 0.09×12時間=1.08kwh

今回0.09kwが約2時間おきの場合、1日1.08kwh換算で約28.6円の計算になります。

深夜はWi-Fiコンセントを繋ぎっぱなしです。

他の家電の待機電力やお風呂場の換気扇をまわしてます

【参考データ】2時間おきに0.09Kwの電力消費量

深夜3時に0.09kwが発生して、スマートメータ―をみると2時間間隔です。

待機電力を1日換算で試算してみます。

1日換算で計算

約2時間おきに0.09kwh

→24時間で12回の計算

【計算式】0.09×12=1.08kwh

1日の待機電力は自分の場合ですが、約1.08kwhになりました。

下段に料金表がありますが「東京電力エリア」の場合、1kwh約26.5円です。

  • 冷蔵庫や浴槽の24時間換気もふくまれる
  • Wi-Fiの待機電力が他の家電を超えてる可能性低い

モデムの個体差はありますがWi-Fiの待機電力は少ないと判断して、コンセントをこまめに抜く意味を見失いました。

この考えに至ったのは「夏場のクーラーつけっぱなしが安い?高い?」と以前にTV特集で観たからです。

クーラーは約30分の外出ならつけっぱなしの方が安い

理由は起動時の電力消費のほうが激しいからです。

「こまめに消す」のが「正義」の固定観念にしばられていたので、何事も調べるのは大事です。

1kwの電気代はいくら?約26.5円(地域差あり)

そもそも1kwhの電気代はいくらなのか?

楽天でんき【楽天エナジー】の公式HPに料金表が載ってます。

楽天でんきの1kwhの料金表(画像:楽天でんき公式HPより)

エリアよって異なりますが1kwhで約22~30円です。

自宅は「東京電力エリア」なので「26.5円/kwh」で待機電力を計算してみます。

今回の0.09kwが約2時間おきで1日1.08kwhだとすると約28.6円です。

【調査方法】楽天でんきのスマートメータ―

スマートメータ―

今回の電気使用量は「スマートメータ―」で調べました。

スマートメータ―とは、一言でまとめると「リモートでわかる電気メータ―」です。

検針員は不要で、自宅のパソコンから使用量が確認できます。

ちなみにスマートメータ―は楽天でんき特有のものではありません。

各電力会社が進めてる政策「スマートプロジェクト」の一環です。

楽天でんきに変更した際にメーターを切り替えました。

電気屋さんに頼む必要もなく、導入費用0円なので個人負担は無かったです。

  • インターネットで電気使用量がみれる
  • 楽天でんきで0円で利用可能

楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

楽天カードと楽天でんきのセットで電気代の節約に役立ててます。

実際の切り替え体験談や流れはコチラで確認できます。

一人暮らしの楽天でんきブログ画像
楽天でんき【一人暮らしの電気代】ポイントで節約(カード利用がおすすめ)4月に楽天エナジーの『楽天でんき』に切り替えた、あとう(@ato_ganai)です。 個人の体験談や口コミが少ないので、電力会社を...

【使用機器】ヒューマックスのWi-Fiルーター

自宅で使用してるWi-Fi(モデム)はヒューマックスです。

自宅で使ってるWi-Fi

J:COM】のWi-Fi無料物件なので0円で置いてます。

一般的なモデムと同じでコンセントを挿せば「無線」or「有線」どちらでも使えるタイプです。

ウィルス対策ソフトも無料なので通信費の節約につながってます。

在宅ワークが増えて、コストを抑えたい人におすすめな体験談です。

ジェイコムのWi-Fi無料物件の感想
【JCOM in MyRoomの感想】12Mプランの無料Wi-Fi物件(一人暮らしの節約OK)J:COM無料Wi-Fi付き物件に2年以上住んでる、あとう(@ato_ganai)です。 一人暮らしの引越しを3回してますが、Wi...

Wi-Fiの電源入れっぱなしor抜き差し

1日1.08kw(約28.6円)の中にWi-Fiの待機電力が占めてる割合は、冷蔵庫より少ないとおもいませんか?

電気つけっぱなしの冷蔵庫は気にならないけど、なぜかWi-Fiは気になってしまいますw

残念ながらWi-Fiの電力のみ測る機械は、一人暮らしの部屋にはありませんm(__)m

  1. 手間をかけてコンセントを抜く
  2. 想像以下なので掃除のときだけ抜く

①と②どちらが正しいかは、個人が満足する選択で良いとおもいます。

自分は②の掃除の週1回だけ抜きます。

【試算】softbank Air(ソフトバンクエアー)のつけっぱなし

CMで有名なソフトバンクの置くだけWi-Fi『Softbank Air』も試算してみます。

名称Airターミナル4
定格電圧12V
定格電流2A
最大消費電力24W

(参考:ソフトバンク公式HP「Q&A」より)

公式HPには【24W】とありますので【kw】に直す必要があります。

  • 1kw=1000w
  • 0.024kw=24W

24W(0.024kw)は使用時の最大消費電力です。

さきほど試算した1kw(26.5円)なので、Wi-Fiの待機電力は微々たるものだとわかります。

Wi-Fiの電気料金が気になる人は、むしろ通信会社を変更して、月額料金を下げるやり方もあります。

「Softbankユーザー」や「若者」はキャンペーン割引もあるので安く導入できます。

公式HPSoftbank Airはこちら

【試算】(UQ)WiMAX HOME 02

つぎにUQ WiMAXの「HOME02」の電気代も試算してみます。

UQwimax-home02の電気代(画像元:UQ WiMAX公式HPより)
名称WiMAX HOME 02
定格電圧12V
定格電流2A
最大消費電力最大9W

(参考:NECプラットフォームズより)※UQ-WIMAXの製造元です

公式HPには【9W】とありますので【kw】に直す必要があります。

  • 1kw=1000w
  • 0.009kw=9W

9W(0.009kw)は使用時の最大消費電力です。※1kw(26.5円)

スマホやパソコンを繋いだだけでは、最大消費電力に到達しないため安心です。

公式HPUQ WiMAXはこちら

上段で試算した、Wi-Fi1日の待機電力は約28.6円

(1日の感想)Wi-Fiコンセントつけっぱなしで問題なし

Wi-Fiの電気代

個人的な試算ですが、Wi-Fiの電力消費はそこまで気にする必要ないです。

むしろ雨の日の浴室乾燥機のほうが、えげつない電力使用量です。

あとう
あとう
Wi-Fiより浴室乾燥機の電気代が高い

乾燥機を使った1日は、使用量7w超える日もあります。

週1回の掃除でモデムのコンセントを抜きますが、それ以外は基本付けっぱなしです。

Wi-Fiルーターの周囲は空けてるため、本体の熱ごもりもそこまで影響ないです。

節電が大事なのは間違いありません。

ただ、どんな情報でも鵜吞みにするのは危険です。

  • 情報があふれる中で真偽不明の区別は難しい

とくに「美談」が信じられる風潮です。

今回で例えますと「コンセントを抜く」が正義「つけっぱなし」が悪。

最後にもう1度まとめます。

  • 待機電力は他の家電も含めて1日1.08kwh
  • 東京電力の料金換算で約28.6円
  • コンセント抜き差しより「通信料金」を見直した方が良いかも

もし古いWi-Fiで電気代が気になる人は『Softbank Airのキャンペーン』を活用することで新しいWi-Fiへ乗り換えることも可能です。

厳しい時期ですが、情報の取捨選択力をみにつけコツコツ節約していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m