株主優待

【10万円以下】3月の権利月&利回りの銘柄まとめ(株主優待)

3月の権利月、株主優待まとめ

会社員のかたわら株式投資をしてる、あとう(@ato_ganai)です。

優待のメインを【クオカード】にしぼり、2019年は3社で合計5500円分獲得しました。

サラリーマンだと、平日の株式市場(午前9時から午後3時)をほぼ覗けません。

休憩時間に『Yahoo!ファイナンス』で本日の損益を1度だけみてますがw

以前は指値注文(予約注文)もしていたのですが、日中の株価が気になってしまったので現在は長期投資に切り替えてます。

銘柄を煽ったりする人は苦手なので、備忘録メモとして個人ブログに感想を書いてきます。

【現在の投資スタンス】

  1. 日本株の個別銘柄(優待&利回り重視)
  2. 投資信託(ひふみプラス)
  3. iDeCo(運用のみ)

目次からジャンプできるので、お気軽に飛ばし読みも可能です。

投資はすべて自己責任でお願いいたしますm(__)m

【3月末】雑誌の『おすすめ銘柄』に注意

3月末は企業の優待と配当が集中する月です。

マネー雑誌でも『優待人気ランキング』など特集が組まれているのは、そのためです。

雑誌で取り上げられている優待銘柄は参考程度にとどめています。

理由は、優待に絡んだ値動きにつられないためです。

【よくあるパターン】

優待銘柄として注目が集まる

→機関投資家やデイトレーダーが集まる

→値動きが上下に大きくなる

→資金力の乏しい個人投資家はツライ状況

大きな動きには逆らえません。

騒々しい場所は避けて、ひっそり生きてきます。

【3月の権利確定月】購入した優待銘柄

購入した銘柄(権利月が3月末)をまとめます。

なお3月権利月の優待が届くタイミングは、約3か月後の6月末が多かったです。

個別企業を推奨しているワケではありませんm(__)m

原田工業(6904)

原田工業のクオカード画像 原田工業(6904)は車載アンテナの専業メーカーです。

株式の保有年数によって、もらえるクオカードの金額が異なります。

  • 【1年未満】:3000円分
  • 【1年以上】:4000円分

原田工業(6904)の利回りを現段階(10月14日)のもと計算してみます。

株価847円
1株配当7.5円
配当利回り
(配当金のみ)
約0.88%
クオカード含む
(3000円の場合)
約4.42%
クオカード含む
(4000円の場合)
約5.6%
権利確定月3月末

配当金のみの利回りはイマイチですが、クオカードの優待品はインパクト大きいです。

配当詳細については原田工業の公式HP『IR情報』で誰でも閲覧可能です。

実際に届いた、原田工業(6904)のクオカード体験談は以下にまとめています。

田辺工業(1828)

田辺工業の株主優待品のクオカード (画像:田辺工業(株)クオカード500円)
田辺工業(1828)はプラント建設や機械装置製造の会社です。

株主優待は年2回あり、権利月は3月末と9月末です。

各権利月ともクオカード500円1枚です。

【優待品】

  • 500円のクオカード
  • 年2回(合計1000円分)

現在(10月14日)の利回りは以下の通りです。

株価746円
(10月14日現在)
配当27円
利回り
(記念配あり)
約3.61%
利回り
(記念配なし)
約2.94%
クオカード含む約4.28%

今期の配当は1株あたり27円です。

50周年記念配の5円がプラスになっているので、通常配当の22円でも計算しています。

今回の場合ですので参考程度にどうぞm(__)m

九州リース(8596)

九州リースの優待クオカード画像(画像:九州リースサービスのQUOカード1000円分)

九州リース(8596)はファイナンスやリース、不動産など幅広い事業をおこなっている会社です。

配当利回りを現在(10月14日)の株価をもとに計算してみます。

株価597円
1株配当14円(※)
配当利回り
(配当金のみ)
約2.34%
クオカード含む約4.02%
権利確定月3月末

※1株配当は前期(3月末)と後期(9月末)7円ずつの合計14円です。

スポンサーリンク

【高利回り】10万円以下の銘柄もあり(検索可能)

会社が休み日は株主優待企業を調べる良い機会です。

『みんなの株式HP』でも【3月株主優待人気ランキング】など簡単に検索できます。

10万円以下にこだわる必要はないですが、最初は手の届く範囲内の資産運用が賢明です。

お時間があるときに気になる企業や業種を絞ってみましょう。

3月以外にも株主優待をおこなっている企業は多々あります。

気になる企業の株価の値動きは、ざっくりと観察しておくと勉強になります。

優待権利月に取引量が増えたり、思いのほか値動きしない、など新たな発見につながりますので。

スポンサーリンク

【準備】3月前に証券会社の口座開設が必要

株を買う買わないは別として、証券会社に口座を持たないと株式投資はできません。

口座開設はいつでも良いですが、権利月の直前だと間に合わない場合もあります。

ネット証券は無料なので、早めに行動して準備するのがベストです。

現在メイン口座をSBI証券、ポイント投資用として楽天証券を利用してます。

どちらの口座でも優待は取得可能です。

楽天カードを利用する人は楽天証券で口座開設したほうがポイントアップにつながります。

インターネットさえあれば、口座開設は自宅で完結するのでわざわざ銀行に行く必要もありません。

コツコツ資産運用していき、クオカードをGETしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m